【Japan IT Week 秋 Vol.1】業務アプリのコンビニ「kintoneアプリストア」 | RBB TODAY

【Japan IT Week 秋 Vol.1】業務アプリのコンビニ「kintoneアプリストア」

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

サイボウズブース
  • サイボウズブース
  • 会場風景
  • クラウドとコーヒー一杯の値段をかけてカフェ風コンセプトのブース
  • サイボウズブース
  • kintoneのポータル画面
  • 業務データをデータベース化するkintoneの説明パネル
  • kintoneアプリストアのトップ画面
  • アプリマーケットの機能はひととおりカバーしている
 IT専門展「2012 Japan IT Week 秋」が24日、幕張メッセで開幕した。サイボウズのブースでは、業務アプリ構築クラウド「kintone」上のアプリ配信プラットフォーム「kintoneアプリストア」やクラウド対応となった「メールワイズ」の新機能などがデモされており、同社のソリューション一式とともに実際の画面などを体験することができた。

 「kintoneアプリストア」は、業務アプリのコンビニと銘打たれ、さまざまなアプリが24時間取り放題というクラウド型のアプリ配信プラットフォーム。「kintone」の画面の中から、多種多様な業務アプリが手に入るというのは、どのような意味を持つのだろうか。

 すでにスマートフォンなどを業務に利用しているなら、仕事に便利なアプリをApp Storeやその他マーケットなどから購入・ダウンロードして活用するスタイルは一般的になってきている。その延長として、グループウェアの中で、必要な便利ツールやアプリが入手できることになり、購入・ダウンロードの選択肢が増えることになる。また、業務アプリに特化しているため、膨大な登録数のアプリマーケットで探すよりも、必要なアプリを絞り込みやすくなるメリットもある。

 アプリを提供する側にとっては、一般的なアプリマーケットはゲームや生活に関するものがほとんどで、業務アプリにとって必ずしも効果的な販売チャネルとはいえない。そういった面で、ターゲットを絞った顧客にリーチしやすいメリットがある。現状では、サイボウズ側が用意したアプリのみとなるが、パートナー企業などサードパーティが開発したアプリも販売可能になるという。購入者とのやりとりもSNS風のコメント機能が備わっている。

 クラウド版の「メールワイズ」最大の特徴は低価格であることだそうだ。1ユーザー500円で2ユーザーから契約可能、つまり月額1000円でパッケージ版と同じメールワイズをすぐに利用することができる。パッケージ版が5ユーザーで30万円近い金額だったことを考えるとまさに破格ということになる。しかもクラウド版には、パッケージ版ではトラフィック負荷の問題から実装していなかった、自動返信、自動転送機能が追加されている。ブースの説明員によれば、クラウド版のメールワイズの売り上げは順調で、パッケージ版1月分の販売件数を1日で達成している状況とのことだ。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top