レコード音源を劣化させずに保存! USB接続で再生音を取り込めるレコードプレーヤー | RBB TODAY

レコード音源を劣化させずに保存! USB接続で再生音を取り込めるレコードプレーヤー

 GEANEEは24日、USB接続でアナログレコードの再生音をパソコンに取り込めるレコードプレーヤー「TT-182NPC」を発表した。販売開始は9月1日。価格はオープンで、予想実売価格は6980円前後。

IT・デジタル その他
「TT-182NPC」
  • 「TT-182NPC」
  • 正面
 GEANEEは24日、USB接続でアナログレコードの再生音をパソコンに取り込めるレコードプレーヤー「TT-182NPC」を発表した。販売開始は9月1日。価格はオープンで、予想実売価格は6,980円前後。

 同製品はパソコンとUSB接続することで、再生音を取り込める「PCリンク機能」を搭載するレコードプレーヤーで、アナログレコードの音源を劣化せずに保存することができる。再生音の取り込みは、付属のソフトフェアを経由して行なう。

 レコードの駆動方式はベルトドライブ式でEP/LP盤の再生に対応する。また、再生速度を調整できるスライド式のピッチコントローラーや、トーン調整機能を搭載している。そのほかの特徴として、最大出力2W(1W+1W)のスピーカーを内蔵。

 対応OSはWindows 7/Vista/XP。保存ファイル形式はMP3など。レコードの回転数は33回転/45回転。インターフェースは3.5mmステレオミニ/RCAなど。本体サイズは幅305×高さ126×奥行き288mm、重さは約2.5kg。付属品はUSBケーブル/レコード針カートリッジなど。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top