ZMP、車両データをクラウド転送する新製品を発売 | RBB TODAY

ZMP、車両データをクラウド転送する新製品を発売

ブロードバンド テクノロジー

ZMP OBDII/CAN-B 製品概要
  • ZMP OBDII/CAN-B 製品概要
  • ZMP OBDII/CAN-B データ収集・分析システム
ゼットエムピー(ZMP)は、2チャンネルCANデュアルBluetooth トランシーバ「OBD II/CAN-B」の販売を開始した。

新製品は、クルマに搭載されている診断用コネクタOBDIIを利用して車載ECUの情報をCANバス(車載LAN)から取得すると同時に、ユーザが車両や運転者に取り付けた任意のセンサ情報を別のCANバスから取得することが可能。

さらに、2チャンネルのCANバスネットワークを流れるデータを同期し、タイムスタンプを付加。2つのBluetoothモジュールによって大量データを取りこぼすことなくリアルタイムに転送。スマートフォン、タブレット、パソコン、車載データロガーなどを介して、クラウド上のサーバにリアルタイムに保存することができる。

価格は法人8万4000円、アカデミックおよび個人エンジニア向けが5万2500円。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top