マイクロソフト、2012年第2四半期決算を発表、上場後初の赤字に | RBB TODAY

マイクロソフト、2012年第2四半期決算を発表、上場後初の赤字に

エンタープライズ マイクロソフト

マイクロソフトのリリース
  • マイクロソフトのリリース
  • マイクロソフト
 米マイクロソフトは19日(現地時間)、2012年第2四半期(4~6月)の決算を発表した。2007年に買収したアクアンティブののれん代を減損処理したことから、上場後初の赤字となった。

 売り上げは174億700万ドルで前年同期の4%増と好調。しかし、純利益は4億9,200万ドルの赤字となった。アクアンティブの減損処理などの影響を除いた非GAAPベースでは売り上げが185億9,900万ドル、69億2,500万ドルの黒字となる。

 2007年に63億ドルでマイクロソフトが買収したアクアンティブはインターネット広告企業で、マイクロソフトにとっては昨年にskypeを買収するまでは最大の買収額だった。しかし、期待した収益を上げることができず、5年を経て買収額のほぼすべてを減損処理することになった。このことは7月3日にすでにマイクロソフトが発表していたため、今回の決算発表で混乱や驚きはなく、株価も下がっていない。

 部門別の売り上げではサーバ&ツール部門が50億9,200万ドルで14%増。ビジネス部門は62億9,100万ドルで7%増。WindowsおよびWindows Live部門は41億4,500万ドルで13%減だった。ただし、WindowsおよびWindows Live部門は「Windows Upgrade Offer」の影響があり、これを除くと1%減となる。

 このように、アクアンティブの減損処理という特殊な事情を除けば、マイクロソフトの業績は非常に好調といえる。これまで苦手としていた検索市場でもBingがシェア15.6%を獲得するなど明るい兆しがあり、売り上げの落ちているWindowsおよびWindows Live部門もWindows 8の発売を10月に控えた時期であることを考えれば、大きな問題ではない。

 さらに、今後はWindows 8だけでなく、Office、Windows Server、Windows Phone、タブレット端末など同社史上でもまれに見る新製品ラッシュとなる。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top