ドコモと海外オペレータ6社、M2Mサービスのグローバル展開で合意 | RBB TODAY

ドコモと海外オペレータ6社、M2Mサービスのグローバル展開で合意

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

全7社のロゴマーク
  • 全7社のロゴマーク
  • 戦略的提携を締結するオペレータの概要(ドコモ以外)
 NTTドコモは10日、Telefonica(スペイン)、KPN(オランダ)、VimpelCom(ロシア)、Rogers(カナダ)、Telstra(オーストラリア)、SingTel(シンガポール)とM2Mのグローバル展開に向けた検討を推進することで合意した。

 本合意に基づきドコモは、通信機能を搭載した車両や産業機器、情報家電などを活用するM2M分野において、現地サポートの提供、一括契約や請求の取りまとめ、および技術協力などの体制構築について、協議を進めていく。また、M2Mデバイスの一括管理、統一されたEebインターフェイスによる利用状況管理を提供する。

 検討は当初ドコモを含む7社のオペレータにて開始し、今後さらなる拡大を目指す。ドコモは日本のオペレータとして初めて、グローバルな展開実績を持つJasper WirelessのM2Mプラットフォームを活用し、グローバルなM2Mサービスを提供する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top