LINE、プラットフォームサービス「LINE Channel」を発表……「ホーム」「タイムライン」など新機能も | RBB TODAY

LINE、プラットフォームサービス「LINE Channel」を発表……「ホーム」「タイムライン」など新機能も

ブロードバンド その他

LINE Channelイメージ
  • LINE Channelイメージ
  • LINE Channelビジネスモデル
  • LINE Game
  • LINEクーポン
  • LINEトークノベル
  • 基本サービスとホーム・タイムライン・Channelとの関係
  • 「タイムライン」
  • 「ホーム」
 NHN Japanは3日、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ『LINE(ライン)』において、新プラットフォームサービス「LINE Channel」を近日公開すると発表した。まずiPhone・Androidアプリ向けに提供され、Windows Phoneアプリには今後対応予定とのこと。

 「LINE Channel」は、スマートフォンでの生活をより豊かに、楽しくする「スマートフォンライフ・プラットフォーム」をコンセプトに、LINEユーザー本人および、LINE上で繋がっている友人と一緒に楽しむことができる連携アプリ・サービスを集約したプラットフォームサービス。LINEが保有する世界4,500万人、国内2,000万人のスマートフォンユーザー基盤を対象に、外部コンテンツパートナーによる様々なコンテンツを提供することで、スマートフォンにおける新たなエコシステム(経済圏)を築くことを目指すという。第一弾としてゲーム・占い・クーポンなどのアプリ・サービスを7月上旬以降、順次開始する。

 連携アプリについては、LINE上で動作するHTML5基盤の「Webアプリ」と、iOS・Androidの各アプリマーケットで公開されており、LINEと連携することが可能な「ネイティブアプリ」の2種類から構成されている。当初はNHN Japanによる自社開発アプリのみとなるが、今後は外部パートナー向けにAPIを公開し、LINEの友だちリスト・メッセージ機能・決裁機能などを提供することで、外部パートナーによる連携アプリを中心に拡充していく予定。

 「LINE Channel」内の有料コンテンツを購入するためのモバイル決済サービスとして、併せて「LINEコイン」をリリース。ユーザーはあらかじめ「LINEコイン」を購入しておくことで、「LINE Channel」内の有料コンテンツを利用することができる。さらに、LINEの利用者数が急増していることに伴い、更なる「安心・安全化」に向けた取り組みを行うことも発表。不特定多数にメッセージを送りつけるスパム行為に対する取締りを強化するほか、国内通信キャリア事業者と連携のもと、未成年ユーザーの保護やトラフィック負荷低減を推進していくとしている。

 また、同社は、LINEのソーシャルネットワーク性を強化するとして、新機能「ホーム」「タイムライン」を発表した。

 ホームは、LINEにおける自分専用のパーソナル・ログで、テキスト・写真・動画・位置情報などを使って自分の近況をアップデートすることができるマイページとなる。カバー写真を設定することにより、自分のパーソナリティを表現することも可能。友人の「ホーム」画面には、LINE内の「友だち」リストおよび「トーク」内のプロフィール写真をタップすると参照することができ、友人の投稿内容に対して、LINEの人気キャラクターのスタンプを用いて「かわいい」「残念!」など自分の感情を表現したり、直接コメントしたりすることにより、コミュニケーションを楽しむことができるという。

 タイムラインは、LINEで繋がっている友人の近況を、タイムライン形式でまとめて閲覧することができるもの。「ホーム」同様、友人の投稿内容に対してスタンプを用いて感情を表現したり、コメントを残したりすることが可能となっている。「ホーム」と「タイムライン」は相互にリンクしており、ユーザーが「ホーム」で近況をアップデートすると「タイムライン」にも反映される。「ホーム」「タイムライン」ともに、投稿内容はLINE上で相互に「友だち」になっている友人のみに公開され、設定画面より、友人ごとに投稿内容の表示/非表示を選択することも可能。

 この新機能は、「LINE Channel」とも連携し、友人が「LINE Channel」連携アプリ/サービスを利用した活動履歴なども「ホーム」「タイムライン」上で通知・共有されるようになる。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top