対iPhone「十分対抗できる」……ドコモ、GALAXY S III発売開始セレモニー | RBB TODAY

対iPhone「十分対抗できる」……ドコモ、GALAXY S III発売開始セレモニー

 NTTドコモは28日、GALAXYシリーズ最新モデルとなる「docomo NEXT series GALAXY S III SC-06D」を全国で一斉に発売した。ドコモが発表している2012年夏モデルのXiスマホとしては第1弾の発売となる。

IT・デジタル フォトレポート
発売開始セレモニーの様子
  • 発売開始セレモニーの様子
  • 挨拶するNTTドコモ 加藤薫社長
  • ゲストの堀北真希さん
  • ビックカメラ有楽町店の塚本智明店長
  • 発売開始セレモニーの様子
  • 発売開始セレモニーの様子
  • 発売開始セレモニーの様子
  • ゲストの堀北真希さん
 NTTドコモは28日、GALAXYシリーズ最新モデルとなる「docomo NEXT series GALAXY S III SC-06D」を全国で一斉に発売した。ドコモが発表している2012年夏モデルのXiスマホとしては第1弾の発売となる。あす29日には「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」が、さらに30日には「Optimus it L-05D」が続けて発売され、いよいよ夏商戦本番といったところだ。

 同日、ビックカメラ有楽町店では「GALAXY S III SC-06D」発売開始セレモニーが開催され、ビックカメラ有楽町店の塚本 智明店長や、NTTドコモ代表取締役社長 加藤 薫氏、さらにスペシャルゲストとして堀北 真希さんが登壇した。

 まず初めに挨拶をおこなった塚本店長は、Xiによる高速通信や4.8インチの大画面HD有機EL液晶に言及し、「ものすごく快適で、驚くほど綺麗! ビックカメラ有楽町ではアクセサリーや関連商品を200種類以上そろえて、(GALAXY S IIIを)最大注目商品として拡販していきたい」とコメント。ゲストの堀北さんも「GALAXYと言えば綺麗な画面だと思います。今回も、画面が大きくなったこともあって見やすくなっていると思います」と期待を寄せた。堀北さんは、GALAXY初のおサイフケータイやモーションセンサーを使った直感操作についても触れ、「買い物もスムーズで楽しいと思います。新しい操作性も楽しみにしています」と述べた。

 ドコモの加藤社長は、同端末の27日までの予約数(全国のドコモショップでの数値)が6万台を超えており、非常に好調であるとアピール。また、GALAXYシリーズは全世界で累計5,000万台の販売実績があるが、「GALAXY S III」については、先行販売している他国の数字を合わせると7月末までに1,000万台を超える見込みだといい、「ドコモとしてもその一翼を担って、販売を強化していきたい」と述べた。ドコモの夏モデル全体については、「夏モデルは17機種を予定しているが、そのうち11機種がXi対応。これからはスマートフォンの時代であり、Xiの時代。高速通信、スマートフォンが非常に使いやすくなり、機能もサービスも上がっていくと思う。期待してほしい」とした。

 セレモニー後の囲み取材では、対iPhoneについての質問が相次いだ。それに対して加藤社長は、「操作性も機能もバランスもよく、ドコモのサービスも織り交ぜながら、非常に強い商品」「AndroidというオープンなOSを使って、お客様の臨むもの、ドコモが提供したいものを上手くブレンドして訴求していく」などとし、「非常に期待しており、十分に対抗できると思っている」と自信をみせた。

 ビックカメラのオープン後、売り場を訪れた人に話を聞いてみた。スマートフォンユーザーだという女性は、現在所持している端末の操作性に不満があるといい、「(GALAXY S IIIは)凄くサクサク動くので驚いた」とし、デモ動画を見ながら「画面もすごく大きくて綺麗で見やすいと思う」とコメント。ガラケーからの買い替えをずっと悩んでいるという女性は、「画面がむき出しなのがどうしても不安だったが、強化ガラスと聞いたので少し気になっている」「画面や操作性はいいと思うが、ほかにどんな機能があるのか中々分からないので、色々試してみてじっくり決めたい」と少し慎重な様子。しばらく売り場を眺めていて感じたのは、思いのほか女性が多く訪れること。今回カラバリを初出荷時から2色にしたことや、ソフト面でのデザインを優しいイメージに転換したこともあって、女性の選択肢の中にも入りやすくなっているのかもしれない。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top