Googleが絶滅危機にある言語を保護 プロジェクトをスタート | RBB TODAY

Googleが絶滅危機にある言語を保護 プロジェクトをスタート

 米Googleは21日(現地時間)、全世界の絶滅の危機にある言語を保存するプロジェクトをスタートしたと発表した。現在、実に全世界の言語の半数が絶滅の危機にあるという。

エンタープライズ 企業
Endangered Languages Project
  • Endangered Languages Project
  • Google公式ブログ
 米Googleは21日(現地時間)、全世界の絶滅の危機にある言語を保存するプロジェクトをスタートしたと発表した。現在、実に全世界の言語の半数が絶滅の危機にあるという。

 このプロジェクトは「Endangered Languages Project」と命名されており、公式サイトが既に公開されている。絶滅の危機にある言語を研究している個人や団体の活動を支援し、共同研究の助けをする。

 プロジェクトを発表したGoogleのブログでは、絶滅の危機にある言語の一例として、「アメリカ中西部のネイティブアメリカンのコミュニティで話されていた言語の、最後のネイティブスピーカーは1960年代に死亡した」としている。同じような状況にある言語は全世界で3000もあるという。

 Googleは、同プロジェクトの立ち上げに重要な役割を果たしたが、数カ月以内にプロジェクトの統括を専門家に委ねるとしている。先住民族文化評議会(FPCC)が活動を指揮し、東ミシガン大学の言語情報技術研究所(LINGUIST List)が技術面を管理する。

 Googleにとって直接的な収益のあるプロジェクトではなく、社会貢献の一環である模様。インターネットの普及は英語など一部の言語をより広め、少数派の言語の絶滅を速めたとの見方もあるため、ネガティブなイメージを払拭する狙いもあるとみられる。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top