Androidアプリ、脆弱性を作り込みやすいポイント | RBB TODAY

Androidアプリ、脆弱性を作り込みやすいポイント

エンタープライズ セキュリティ

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は6月13日、Androidアプリの脆弱性関連情報の分析により脆弱性を作り込みやすいポイントをまとめ、技術レポート「テクニカルウォッチ」として公開した。これは、IPAに届け出られるAndroidアプリの脆弱性関連情報が2011年後半から増加していることを踏まえたもの。届出された脆弱性情報を分析した結果、その7割超が「アクセス制限の不備」の脆弱性であったという。

「アクセス制限の不備」の脆弱性の原因箇所を分類すると、ファイルアップロードやデータ共有などのAndroidアプリの「機能」に対するアクセス制限不備と、Androidアプリが生成する「ファイル」に対するアクセス制限不備の2つに分けられる。どちらもAndroidの仕組みを理解し、適切にアクセス制限の設定をしていれば防ぐことのできる脆弱性としている。本レポートでは、より多くのAndroidアプリ開発者にAndroid特有のアクセス制限の必要性についての理解を促進するために、Androidの仕組みについて説明した上で、届出の多かったAndroidアプリの脆弱性の例を5件紹介している。

Androidアプリの脆弱性情報届出、7割以上が「アクセス制限の不備」(IPA)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top