CTC、マルチ仮想データセンター環境での実証実験を開始 | RBB TODAY

CTC、マルチ仮想データセンター環境での実証実験を開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

実証実験の概要(離れた拠点を、L2の延伸とストレージフェデレーションで連携)
  • 実証実験の概要(離れた拠点を、L2の延伸とストレージフェデレーションで連携)
 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は21日、複数のデータセンターを仮想的に1つのデータセンターとして利用する「マルチ仮想データセンター」のサービス化に向け、実証実験を行うことを発表した。

 CTCでは、同社が保有する5つのデータセンター間で、インターネットを介さずセキュアに接続し、大規模/高可用性の「マルチセンターシステム」を構築し、全拠点でのデータセンター連携を行っている。また国ごとに離れた複数のデータセンターを仮想化技術を用いて1つのデータセンター化を行う「仮想グローバルデータセンター」実現にも取り組んでいる。

 今回の実証実験では、実際に関東圏(横浜)と関西圏(神戸)にあるCTCのデータセンターを利用した検証を行う。異なる複数拠点のネットワークを1つのネットワークとして連携する「L2」の延伸、物理サーバ上に仮想的なサーバを提供する「サーバ仮想化」、複数の拠点にまたがる仮想ストレージ空間を実現する「ストレージフェデレーションといった技術」を実験する。技術検証を5月から開始し、夏を目処に拠点間での実証実験を開始する予定。

 なお、この実証実験は、CTCが横浜と神戸に保有するデータセンターをつなぐセンター間ネットワーク基盤を利用したマルチベンダー環境では、国内初の例とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top