フュージョン、独自技術のIaaS型パブリッククラウド「FUSION Cloud」提供開始 | RBB TODAY

フュージョン、独自技術のIaaS型パブリッククラウド「FUSION Cloud」提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

FUSION Cloudロゴ
  • FUSION Cloudロゴ
  • 利用料金(仮想マシン)
  • 「FUSION Cloud」紹介サイト
  • 管理コンソールのイメージ
 楽天グループの通信事業会社であるフュージョン・コミュニケーションズは27日、クラウドサービス「FUSION Cloud」の提供を開始した。

 「FUSION Cloud」は、オンデマンドにITリソースを提供するIaaS型パブリッククラウドサービス。管理コンソール経由で、必要なときに必要な分だけ、仮想マシン、ブロックストレージ、ロードバランサ、オートスケールといったITリソースを提供する。Citrix XenServerっともに、サービス連携基盤であるEnterprise Service Bus(ESB) Mule、認証認可基盤であるOpen AMを利活用することで高い信頼性、サービス間の柔軟な接続や拡張を実現した。利用者による外部サービスのマッシュアップにも柔軟に対応可能。

 基本機能として、メモリ、ストレージの性能等により異なる9種類の仮想マシンタイプを提供。また、オプションとしてファイアウォール、モニタリング、固定IPアドレス、ブロックストレージ、テンプレート、ロードバランサ、オートスケール等の機能を提供する。

 今後はEC分野においてWebソリューションを提供するISV(Independent Software Vendor)とともに、Eマーチャントの売上増や事業運営の効率化等、成長を支援できるクラウド型ビジネスモデルを検討する。また、IP電話サービスで培ってきた電話系ICTサービスのノウハウを活かした新たなクラウド型コミュニケーションサービスの企画・開発を進める予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top