日立マクセル、テレビ3時間・冷蔵庫2.5時間分のバッテリ……ハンドル付き | RBB TODAY

日立マクセル、テレビ3時間・冷蔵庫2.5時間分のバッテリ……ハンドル付き

IT・デジタル フォトレポート

「Energy Station(エナジーステーション)」(型番:M-PAC01B)
  • 「Energy Station(エナジーステーション)」(型番:M-PAC01B)
  • キャリングハンドルを使い片手で持つイメージ
  • 複数台を連結して容量をアップした利用イメージ
  • コンセントカバー内のインターフェース
  • 電気機器の使用時間の目安
 日立マクセルは、255Whの大容量リチウムイオン充電池を内蔵し、最大出力1,200W(連続90秒)の高出力に対応する補助電源「Energy Station(エナジーステーション)」(型番:M-PAC01B)を発表した。販売開始は4月20日。価格はオープンで、予想実売価格は160,000円前後。

 同製品は、本体サイズが幅386×高さ268×奥行き180mm、重さが約12kgで、片手で持ち運べるようにキャリングハンドルが付いたポータブル蓄電池。屋内外で家庭用やオフィス用として、また非常時や停電時などの利用に対応する。

 AC出力コンセントを2基搭載し、電気機器への給電が可能。内蔵バッテリの蓄電は、付属のACケーブルを本体のAC入力インレットにつなぎコンセントから行なう。内蔵バッテリをフルに蓄電する所要時間の目安は約9時間。フル蓄電時の使用容量は、75Wの32型液晶テレビが3時間、90Wの冷蔵庫が2.5時間、10Whの携帯電話では22台分の充電に相当するという(同社調べ)。

 同製品の複数台を互いに連結し、用途に応じ補助電源としての容量アップが可能。付属のACケーブルで1台目のAC入力インレットと2台目のAC出力コンセントを接続し、1台目の内蔵バッテリ容量が減った場合に2台目から補うことができる。また、内蔵バッテリを蓄電しつつ電気機器への給電を同時に行なうバイパス出力機能を搭載。各種インターフェースをカバーするコンセントカバー付きだが、コンセントカバーを開けた状態で30分以上電気機器が使用されない場合に自動で出力が停止するオートパワーオフ機能も装備する。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top