ソニー、高精細なMPEG HD422形式で撮影できる小型なプロ向けビデオカメラ | RBB TODAY

ソニー、高精細なMPEG HD422形式で撮影できる小型なプロ向けビデオカメラ

IT・デジタル フォトレポート

「PMW-100」
  • 「PMW-100」
  • 「PMW-100」正面
  • 「PMW-100」右側面
  • 「PMW-100」左側面
  • 「PMW-100」背面
  • 「PMW-100」斜め
 ソニーは、「XDCAMカムコーダー」シリーズより、MPEG HD422フォーマットでの高画質な映像記録が可能なプロ向けハンディカムコーダー「PMW-100」を発表した。販売開始は5月10日。希望小売価格は409,500円。

 同製品は映像制作現場で広く採用されているMPEG HD422(50Mbps)形式で、SxSメモリカードに収録可能なデジタルビデオカメラ。映像素子には新開発の1/2.9型“Exmor”CMOSセンサーを搭載し、有効画素数1,920×1,080ピクセルの高解像度と、高感度でノイズの少ない画質の両立をうたう。

 ディスプレイには、従来の「XDCAMカムコーダー」シリーズに比べ解像度の向上が図られた、約123万画素の3.5型LCDディスプレイを搭載。画面の中央部を拡大表示する「エクスパンドフォーカス機能」を搭載し、精密なピント調整をすることが可能。

 スタンバイモード時の映像をカメラ内部メモリに蓄積し、RECボタンを押すと最大15秒前までさかのぼって録画できる「キャッシュレック機能」を搭載。鳥が飛び立ったと気づいてから、RECボタンを押しても、羽ばたく前から飛び立つ瞬間までを記録できるという。

 記録形式は、UDFモードがMPEG HD422/MPEG HD/DVCAMなど。インターフェースはHDMI/BNC/USB/AVマルチ/ステレオミニ/カードスロットなど。本体サイズは幅167×高さ164×奥行き278mm(突起物を除く)、重さは約1.8g(レンズフード/アイピース/BP-U30/SxSメモリー1枚を含む)。

《丸田》

関連ニュース

特集

page top