アイ・オー、パソコンをWi-Fiスポットに使えるUSB無線LANアダプタ | RBB TODAY

アイ・オー、パソコンをWi-Fiスポットに使えるUSB無線LANアダプタ

IT・デジタル モバイル

ホワイト「WN-G150UMW」
  • ホワイト「WN-G150UMW」
  • ブラック「WN-G150UMK」
  • ノートPCに接続したイメージ
  • パソコンをWi-Fiスポット代わりに無線LANへ接続するイメージ
 アイ・オー・データ機器は28日、本体の重さが約2gの小型USB無線LANアダプタ「WN-G150UM」シリーズを発表した。販売開始は4月中旬。希望小売価格は1,428円。

 同製品は、本体サイズが幅15×高さ8×奥行き19mmの小型ボディで、ワイヤレスマウスのUSBレシーバーのようなデザインの無線LANアダプタ。パソコンへの接続時に本体がUSBポートから出っ張る幅の目安は約5.4mmで、ノートPCに差し込んだまま持ち運んでも邪魔にならないとしている。

 パソコンに差し込み、無線LAN親機とワイヤレスでつなぐ「クライアントモード」のほかに「アクセスポイントモード」を装備。インターネットに接続したパソコンのUSBポートに差し込み「アクセスポイントモード」にすることで、パソコンを無線LANアクセスポイント代わりにゲーム機やタブレットなどの対応機器の無線LAN接続を可能とする。

 対応規格は802.11b/g/nで、データ転送速度は最大150Mbps。セキュリティはWPA2-PSK(TKIP/AES)、WPA-PSK(TKIP/AES)、WEP(128/64ビット)に対応する。対応OSはWindows 7(32/64ビット版)/Vista(32ビット)/XP SP3以降、インターフェースはUSB2.0/1.1。本体カラーはブラック「WN-G150UMK」/ホワイト「WN-G150UMW」の2色。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top