シマンテックがNukonaを買収、MDMとMAMの両方を提供可能に | RBB TODAY

シマンテックがNukonaを買収、MDMとMAMの両方を提供可能に

エンタープライズ セキュリティ

株式会社シマンテックは3月26日、米シマンテック・コーポレーションがモバイルアプリケーション管理(MAM)の非上場プロバイダであるNukona Inc.を買収することで最終合意したと発表した。なお、本リリースは米シマンテックが日本時間3月20日に発表したもの。今回の買収により、シマンテックのエンタープライズ・モビリティ製品に、複数のプラットフォームに対応するモバイルアプリケーション保護ソリューションが加わることになる。本ソリューションによって企業のIT部門は、企業および個人の所有するデバイスにある、企業のデータやアプリケーションを個人のものと分離し、保護することが可能になる。

Nukonaの買収は、モバイルデバイス管理(MDM)の大手プロバイダであるOdyssey Softwareの買収を補完するもの。Odysseyの技術はMDMの基盤を提供し、多種多様なプラットフォームが存在するモバイルデバイスで必要となるすべての設定を登録し、管理する。またNukonaの技術は、企業に対しモバイルデバイスそのものの管理を排除するといった革新的なアプローチを取り、アプリケーションとデータのシームレスな配信、保護、制御を実現する。これにより、シマンテックは多数のプラットフォームでMDMとMAMの両方を提供できるようになる。

シマンテックがNukonaを買収、MDMとMAMの両方を提供可能に(シマンテック)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top