ジグソー、“プロ”限定のレビューサイト「zigPRO」を開始……Ultrabookのレビューアー募集も同時スタート | RBB TODAY

ジグソー、“プロ”限定のレビューサイト「zigPRO」を開始……Ultrabookのレビューアー募集も同時スタート

ブロードバンド その他

「zigPRO」
  • 「zigPRO」
  • Ultrabook4機種のレビューアー募集もスタート
  • 「zigPRO」トップページ
  • 「zigPRO」マイページ
  • 「zigPRO」トライアルレビューも開始予定
  • 「zigPRO」連載インタビューコンテンツも
 ソーシャルレビューコミュニティの「zigsow(ジグソー)」は5日、「zigsow」の機能やサービスをプロフェッショナル向けにアップグレードした、レビューコミュニティメディア「zigPRO(ジグプロ)」を公開した。

 「zigPRO」では話題のハイエンド製品を試すことのできるレビューやプロユースのアイテム情報の発信と合わせて、プロ同士あるいはプロに仕事を依頼したいと思っている人が「zigPRO」を通して相互に交流ができる場を提供する。また、各種製品メーカーからの協力の下「プレミアムレビュー」を実施。新製品や話題の機器を、応募者から抽出したプロフェッショナルに提供し、専門家の目線から見た製品の実力をレビューしてもらうとのこと。

 さらに、「zigPRO」に利用登録をすると、基本情報が盛り込まれた「マイページ」が作成される。IDとパスワードでアクセスすれば、作品やプロフィールを自由に作ることができ、自分のアピールや、メーカー側からはモニター募集時の参考となるなど、活用が期待できるとしている。

 利用は、デザイン・写真・ムービー・イラスト・文学などの専門家やクリエイターをはじめ、サイエンス・法曹・エンジニアリング・工芸・医療ほか、あらゆるジャンルに携わっているプロフェッショナルに限定。「zigsow」の会員に登録後、「zigPRO」への利用登録を行い、認定されればアクセスが可能になる。

 「zigPRO」の認定ルールは、まず、プロとして生計を立てていること。例えば、カメラマンとして活動している、美容師として活動しているなど。企業に属しているかフリーでの活動かは不問。もしくは、職業としてではないが、フリーソフトを開発して累計ダウンロードである程度の実績を有しているなど、その分野で生計を立てている者と同等のキャリア・技術であると判断できる場合も利用可能。さらに、活動履歴の確認および、電話や面談による本人確認、本名か実際の活動名での登録が条件。

 サービス開始と同時に募集がスタートするのは、薄型デザインで高い応答性を備えた“Ultrabook”のレビューアー。東芝「dynabook R631」、ASUSTek「ZENBOOK UX21E」、日本エイサー「Aspire S3-951」、レノボ・ジャパン「IdeaPad U300s」の最新4機種で、各1名ずつの募集となる。募集期間は3月5日~3月20日の23時59分まで。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top