日本で一番ネットが速いのは「茨城・下妻」、世界でも第3位に……アカマイ調べ | RBB TODAY

日本で一番ネットが速いのは「茨城・下妻」、世界でも第3位に……アカマイ調べ

ブロードバンド テクノロジー

平均最高接続速度都市別ランキング(上位10都市)
  • 平均最高接続速度都市別ランキング(上位10都市)
  • 世界各国の平均最高接続速度
  • 平均接続速度都市別ランキング(上位10都市)
  • インターネット普及率
  • 世界各国の平均接続速度
 アカマイ・テクノロジーズは14日、2011年第3四半期版「インターネットの現状」レポートを発表した。平均最高接続速度ランキングでは、日本の7都市がトップ10にランクインした。

 このレポートは、アカマイ独自のネットワーク「Akamai Intelligent Platform」から収集されたデータ(2011年7月1日~9月30日)を基にまとめられたもの。Akamai Intelligent Platformは、71ヵ国、約1,900のネットワーク(ISP)に展開する95,000台以上のサーバで構成され、1日の世界中のウェブトラフィックのうち最大30%を処理するという。

 2011年第3四半期において、日本は、平均最高接続速度の世界都市別ランキングでは59都市が上位100都市にランクイン、平均接続速度ランキングでも57都市がランクインした。トップテンには、「茨城県下妻」(55.4Mbps)の3位を筆頭に、神奈川・横浜・東海・浦和・丸の内・長野の計7都市がランクインしている。ちなみにそれ以外の3都市はすべて韓国だった。

 平均最高接続速度の世界都市別ランキングでは、大多数(67都市)をアジアの都市が占有。国別での5Mbps以上の高速ブロードバンド接続の利用率については、1位韓国(79%)、3位香港(60%)、5位日本(57%)が世界ランキングの上位を占めている。2011年第3四半期で平均最高接続速度が30Mbpsを上回ったのは、4ヵ国のみで、1位が韓国(46.8Mbps)、2位香港(46Mbps)、3位ルーマニア(34.5Mbps)、4位日本(32.9Mbps)という結果となっている。なお、平均最高接続速度が20Mbpsを上回ったのは15ヵ国、10Mbpsを上回ったのは43ヵ国だった。

 平均接続速度の世界都市別ランキングでも、上位100都市のうち、日本が57都市、オーストラリアおよび香港がそれぞれ1都市、韓国の6都市がランクインし、大多数(65都市)をアジアの都市が占めた。世界各国の平均接続速度ランキングでは、1位韓国(16.7Mbps)、2位香港(10.5Mbps)、3位日本(8.9Mbps)と、前四半期と同じく、アジア太平洋地域の3ヵ国がトップ3を占めた。

 2011年第3四半期、アカマイのネットワークに接続するユニークIPv4アドレス数は、239ヵ国/地域で6億1,500万にのぼり、前四半期比で1.8%、前同期比で15%増加したとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top