JR北海道、“雪ミク”仕様の切符やフリーパス発売 | RBB TODAY

JR北海道、“雪ミク”仕様の切符やフリーパス発売

 JRでは、2月6日から12日に北海道札幌市で開催される「SNOW MIKU 2012」の開催を記念したフリーパスと入場券を発売する。

エンタメ その他
記念フリーパス
  • 記念フリーパス
  • 記念入場券
  • 昨年の初音ミク氷像
  • 昨年の初音ミク雪像
  • 昨年の初音ミク仕様路面電車
  • 今年も初音ミクと札幌もいわ山の公式キャラクター“もーりす”のコラボ電車が走っている
 2月6日から12日に北海道札幌市で開催される日本最大規模の雪の祭典「さっぽろ雪まつり」開催に合わせ、初音ミク関連のイベント「SNOW MIKU 2012」が同市内で開催される。JR北海道では、同イベントの開催を記念したフリーパスと入場券を発売する。

 記念フリーパスには、イベント開催に合わせデザインが決定した“ふわふわコートの雪ミク”がプリントされる。同チケットでは、新千歳空港駅から小樽駅間の普通・快速列車(自由席)が乗り降り自由となる。価格は3,900円。2月3日から12日の期間、フリーエリア内の駅や旅行センターで販売される。

 記念入場券には、ふわふわコートの雪ミクのほか、ボーカロイドキャラクターたちが登場するゲームソフト「初音ミク and Future Stars Project mirai」のキャラクターたちがデザインされる。8枚1セットの仕様となっており、札幌駅、新千歳空港駅への入場が可能となる(旅客車内には立ち入れない)。価格は1,280円。販売場所は新千歳空港駅(2月6日から9日まで発売)とサッポロファクトリーホール(2月11日、12日に販売)となっている。

 初音ミクを展開するクリプトン・フューチャー・メディアは札幌内に本社を置く企業で、同市と観光PRで連携。初音ミクとコラボしたさまざまな展開を行っている。

 「SNOW MIKU 2012」では、限定グッズの販売、クリエーターや企業とのコラボレーション企画、ゲームプレイ体験などさまざまな企画が市内の会場で実施。昨年に引き続き、初音ミクの雪像(大通西6丁目会場)や氷像(すすきの会場)の設置も決定している。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top