次回機種変するならどの端末?……MMD研究所「スマートフォン白書2012」 | RBB TODAY

次回機種変するならどの端末?……MMD研究所「スマートフォン白書2012」

IT・デジタル モバイル

iPhone 4S
  • iPhone 4S
  • 想起されるスマホ・機種変更したいスマホ
  • ネットワークの使い分けについて
  • 使いこなせているかどうか
 MMD研究所は、今月20日~24日にかけてスマホユーザー900人を対象に、「スマートフォンインサイト調査~スマートフォン白書2012~」を実施した。

 調査ではまず、「スマートフォン端末として想起されるブランド」「次回機種変更するなら選びたいブランド」などスマートフォンブランドについて質問。いずれの質問でも「iPhone」「Xperia」「Galaxy」がTOP3という結果となった。中でも「iPhone」は、想起されるブランドで94.6%(2位のXperiaが65.8%)の人が、次に選びたいブランドとして59.7%(2位のXperiaが25.6%)の人が名前を挙げ、Android端末が各社から出揃ってきた今でも、圧倒的な人気を保っていることがわかった。

 次に、スマートフォン所有者にどのくらいスマートフォンを使いこなせているかを聞いたところ、「使いこなせている」と回答したユーザーは59.2%であったものの、「完璧に使いこなせている」と回答しているユーザーはわずか8.3%となった。また、利用の実態としてダウンロードしたことのあるアプリの数について聞いてみたところ、「11~20」が19.4%で最も多く、平均では35個がダウンロードされており、有料に限ると平均ダウンロード数は8個だった。また、定期的に使っているアプリは「1~5」という回答が最も多く38.3%で、全体平均では定期的に使っているアプリは9個となった。

 次にアプリをあまりダウンロードしない理由を聞いたところ「端末のストレージ容量が気になる(38.2%)」という回答が最も多く、僅差で「アプリウィルスなど、セキュリティ面が不安だから(37.1%)」という回答が得られた。さらに、有料アプリダウンロードについて、購入を検討するアプリのジャンルを聞いたところ、「有名ゲーム」「ミュージック系」「地図、ナビ・交通系」「セキュリティ」がランクインする結果となった。

 スマートフォンを購入する際に不安に思った事という質問では、「通信料金が高くなりそう」という回答が58.3%と最も多い結果となった。また、現在の料金プランに関する満足度については、「どちらかと言うと不満(32.7%)」「かなり不満(8.4%)」「非常に不満(5.6%)」を合わせ、約半数の46.7%が「不満」と回答した。不満と答えた人のうち、92.4%もの人が「料金が高い」ことをその理由に挙げた

 最後にネットワークについて、まずWi-Fiの利用状況について聞いてみたところ、「自宅での利用者(頻繁に使う+時々使う)」が65.9%であったのに対し、「屋外での利用者(頻繁に使う+時々使う)」は38.2%となった。スマートフォンの普及で自宅での利用は定着しつつあるが、まだまだWi-Fiを日常的に使う人は少ないといえる。また、3G、Wi-Fi、次世代通信規格などのネットワークの使い分けについて聞いたところ「意識したことがない」と回答したユーザーが37.8%と最も多く、「毎回、適宜使い分けて利用している」と回答したユーザーは20.6%という結果となった。

 利用歴別に見てみると、スマートフォン利用歴が長い(~4年以内)ユーザーほど、「毎回、適宜使い分けて利用している」54.8%と使い分けをしている傾向にあることがわかった。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top