デュアルコアCPU搭載で実売3万円を切るBTO対応デスクトップPC | RBB TODAY

デュアルコアCPU搭載で実売3万円を切るBTO対応デスクトップPC

IT・デジタル デスクトップPC

「FRS114F/D S」シリーズ本体
  • 「FRS114F/D S」シリーズ本体
  • 直販サイトのカスタマイズページ
 KOUZIROは、「FRONTIER」ブランドのデスクトップPCで、直販価格が29,800円の「FRS114F/D S」シリーズを販売開始した。BTO対応でCPU/メモリ/ストレージなどのカスタマイズも可能となっている。

 同製品は縦置き時に幅138mmのスリムタワーデスクトップPC。BTOに対応し、デュアルコアCPUのCeleron G530(2.4GHz)と4GBメモリ、500GB HDD搭載の基本構成時に実売30,000円を切るコストパフォーマンスをとした。

 基本構成時の仕様は、OSがWindows 7 Home Premium 32/64ビット版 SP1、光学ドライブがDVDスーパーマルチ(2層書き込み対応)。USB接続の光学マウス/キーボードを付属する。本体サイズは幅138×高さ357×奥行き455mm。

 BTOオプションは、OSではWindows 7 Professional 32/64ビット版 SP1やWindows 7 Ultimate 32/64ビット版 SP1、CPUがPentium G630(2コア/2.7GHz)/Core i3-2120(2コア/3.3GHz)/Core i3-2130(2コア/3.4GHz)/Core i5-2320(4コア/3GHz)、メモリが8GB、ストレージが1.5TB HDD、光学ドライブがBlu-rayディスクドライブの選択が可能。20/23型液晶ディスプレイを用意する。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top