iPadをディスプレイのように接続して読み取るドッキングスキャナ | RBB TODAY

iPadをディスプレイのように接続して読み取るドッキングスキャナ

 キングジムは17日、接続したiPadにデータを読み込むドッキングスキャナ「iスキャミル」(型番:DSS10)を発表した。販売開始は2月17日。希望小売価格は15540円。

IT・デジタル 周辺機器
「iスキャミル」(型番:DSS10)でスキャンするイメージ(iPadは別売)
  • 「iスキャミル」(型番:DSS10)でスキャンするイメージ(iPadは別売)
  • クレードルとしての利用イメージ
 キングジムは17日、接続したiPadにデータを読み込むドッキングスキャナ「iスキャミル」(型番:DSS10)を発表した。販売開始は2月17日。希望小売価格は15,540円。

 「iスキャミル」(型番:DSS10)は、iPad用Dockを搭載したシートフィードスキャナ。専用アプリ「i-Scan」がインストールされたiPadをDockコネクタで接続し、スキャンしたデータをiPadの液晶で確認し、iPadに保存できる。保存データ形式はJPEG。最大解像度は300dpi。

 専用アプリ「i-Scan」はApp Storeから無料配信。読み取りサイズは幅216×送り356mmで名刺や写真、A4判の書類などに対応。iPad用クレードルとしても利用でき、スキャナ本体の電源がOFFの際には、接続したiPadの充電を行なえる。対応機種はiOS4.3.5以降のiPad 2/iPad。本体サイズは幅308×高さ72×奥行き111mm、重さは約655g。付属品はUSBケーブル/スキャン用シート/クリーニングシート/調整シート/クリーニングスティックなど。

《加藤》

関連ニュース

特集

page top