富士通、プライベートクラウド基盤運用管理ソフト「ServerView Resource Orchestrator V3」発売 | RBB TODAY

富士通、プライベートクラウド基盤運用管理ソフト「ServerView Resource Orchestrator V3」発売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

物理/仮想が混在した多階層システムを一括で自動配備
  • 物理/仮想が混在した多階層システムを一括で自動配備
  • プライベートクラウド環境をステップアップ可能
  • 販売価格、および出荷時期
  • 動作環境
 富士通は16日、プライベートクラウド基盤の運用管理ソフトウェア「ServerView Resource Orchestrator V3」のグローバル販売を開始した。本製品は、これまで提供していたServerView Resource Orchestrator V2に対し機能強化を行ったものとなる。

 「ServerView Resource Orchestrator V3」では、標準的なICTリソースの組み合わせをあらかじめテンプレートとして用意しており、物理/仮想が混在した多階層システムを、テンプレートに従い一括で自動配備できる。物理/仮想サーバ、ストレージ、ネットワーク機器の自動設定に加え、これまで手作業だったファイアウォールの設定も自動的に行える。

 またこれらの機能は富士通のパブリック型クラウドサービス「FGCP/S5」で採用されているものと同等の簡便な操作(セルフポータル)で利用できる。複数の顧客や部門間で共有するマルチテナントのプライベートクラウド環境については、ファイアウォールを用いてICTリソースをシングルテナント単位に分離することによりセキュリティが強化されている。さらに、プライベートクラウド環境の運用形態に応じて3製品および1オプションから選択できる。

 部門ごとに分散したサーバを集約して一元管理する「ServerView Resource Orchestrator Express V3」、サーバの容易な拡張と可用性を実現した「ServerView Resource Orchestrator Virtual Edition V3」(ServerView Resource Coordinator VEの後継製品)、新規業務や業務変更に速やかに対応し、標準化・自動化を進める「ServerView Resource Orchestrator Cloud Edition V3」(ServerView Resource Orchestrator V2、クラウドインフラ マネージメント ソフトウェアの後継製品)の3製品となる。また災害時にプライベートクラウド環境の運用サイトの状態(定義)を待機サイトに展開し、継続運用を図る「ServerView Resource Orchestrator DRオプションV3」(「ServerView Resource Orchestrator Cloud Edition V3」用)が用意されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top