デュアルコアで下り最大21Mbps対応の「ULTRA PHONE」4機種 | RBB TODAY

デュアルコアで下り最大21Mbps対応の「ULTRA PHONE」4機種

IT・デジタル フォトレポート

ステージで「ULTRA PHONE」の紹介を行う孫正義社長
  • ステージで「ULTRA PHONE」の紹介を行う孫正義社長
  • 「HONEY BEE  SoftBank 101K」
  • 「AQUOS PHONE SoftBank 102SH」(ホワイト)
  • 「AQUOS PHONE SoftBank 102SH」(ホワイト)
  • 「AQUOS PHONE SoftBank 102SH」(ホワイト)
  • 「AQUOS PHONE SoftBank 102SH」(ブラック)
  • 「AQUOS PHONE SoftBank 102SH」(ブラック)
  • 「AQUOS PHONE SoftBank 102SH」(ブラック)
 ソフトバンクモバイルは29日、都内のホテルで、Android搭載で下り21Mbpsを実現する「ULTRA SPEED」対応のスマートフォン「ULTRA PHONE」4機種を発表した。

 「AQUOS PHONE SoftBank 104SH」「AQUOS PHONE SoftBank 102SH」「LUMIX Phone SoftBank 101P」「HONEY BEE SoftBank 101K」。CPUにはすべてデュアルコアを採用(104SH:OMAP4460(1.5GHz)、102SH:OMAP4430(1GHz)、101P:OMAP4430(1GHz)、101K:MP5225(1.2GHz))。このうち、ワンセグ、おサイフケータイに対応しているのは102SHと101Pとなる。「AQUOS PHONE SoftBank 104SH」は次期Androidプラットフォームに対応予定としている。

 「AQUOS PHONE SoftBank 104SH」は2012年春、「AQUOS PHONE SoftBank 102SH」2011年12月上旬、「LUMIX Phone SoftBank 101P」は11月中旬、「HONEY BEE SoftBank 101K」は12月以降の発売を予定している。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top