「○○○.tokyo.jp」など、全国47の「都道府県型JPドメイン名」が利用可能に | RBB TODAY

「○○○.tokyo.jp」など、全国47の「都道府県型JPドメイン名」が利用可能に

ブロードバンド テクノロジー

地域型JPドメイン名の今後の利用の意向(検討部会によるアンケート結果報告より)
  • 地域型JPドメイン名の今後の利用の意向(検討部会によるアンケート結果報告より)
  • 現在、主に使用しているドメイン名
 日本レジストリサービスは26日、地域に根ざした新たなドメイン名空間として「都道府県型JPドメイン名」を新設することを発表した。登録受け付けの開始は、2012年後半の予定。

 地域に密着したJPドメイン名としては、「○○○.chiyoda.tokyo.jp」「metro.tokyo.jp」といった「地域型JPドメイン名」が、1993年12月より提供されている。しかし、一般ユーザや指定事業者から「長くて使いにくい」「複数登録できない」といった指摘と改善要望が出されていた。JPRSでは2010年5月、外部の専門家により構成される「地域型JPドメイン名再構築検討部会」を設置し、検討を開始。最終的に、新たなドメイン名空間として「都道府県型JPドメイン名」を新設することが決定された。

 「都道府県型JPドメイン名」は、「○○○.tokyo.jp」や「○○○.osaka.jp」のように、その構造に全国47都道府県の名称を含むドメイン名空間。日本国内に住所を持つ個人・組織であれば、いくつでも登録が可能で、サービスの詳細や登録受け付けの開始日、申請方法・項目などについては、2012年初頭に発表される予定。また、「都道府県型JPドメイン名」の新設にともない、「地域型JPドメイン名」の新規登録受け付けは2012年3月31日をもって終了となる。登録済みドメイン名は、引き続き利用可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top