パイオニア、自宅にいながら音楽セッションが楽しめるSNS「music演人」ベータ版公開 | RBB TODAY

パイオニア、自宅にいながら音楽セッションが楽しめるSNS「music演人」ベータ版公開

ブロードバンド ウェブ

「music演人(engine)」画面イメージ
  • 「music演人(engine)」画面イメージ
  • セッションは、「演奏されている楽器」「足りていない楽器(自分が演奏する楽器)」「ジャンル」「曲名・アーティスト」などの条件で検索可能
  • 「パート」が集まっていくことで、「バンド」が完成する
 パイオニアは8日、自宅にいながら音楽セッションが楽しめるSNS「music演人(engine)」のβ版を公開した。研究開発活動の一環のため、公開期間は2012年3月31日まで。利用料金は無料。

 「music演人」(musicengine.jp)は、出会いやコミュニケーションだけでなく、Webを通してさまざまな人と演奏を共有し、セッションを楽しめる“演奏ソーシャルメディア”。他の人が演奏したファイルに自分の演奏パートを重ねたり、自分の演奏をアップロードして他の人に演奏を重ねてもらったりすることができる。JASRACの管理する楽曲、著作権の消滅した楽曲(パブリックドメイン)、自作曲を登録可能(パブリックドメイン、自作曲については順次対応予定)。これらの「セッション」「バンド」「パート」に対して、評価などのコメントも投稿できる。コメントはTwitterに投稿することも可能。

 参加しているメンバーに対してメッセージを送り、友人や仲良くなったメンバーを「フレンド」として登録するといったSNSの基本的な機能も用意されている。なお、「フレンド」が演奏した最新の履歴が自分の「ホーム」に表示される。お気に入りの「プレイヤー」登録、お気に入りの「セッション」登録も可能。

 さらに選択した楽曲の楽譜を表示でき、自分の演奏するパートだけを選択して表示したり、範囲を指定した楽曲再生・リピート再生、などを行うことができる。

 music演人に参加するには、エレキギター、エレキベース、キーボードなどライン接続できる楽器などが必要となる。ピアノ、アコースティックギター、トランペット、ドラムなど、ライン接続できない楽器についてもマイクを使ってPCに音を入力することで参加可能となる。対応ブラウザはGoogle Chromeのみ。「Yahoo! JAPAN ID」「mixi Open ID」に対応しており、これらのIDでログイン可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top