Microsoftの4-6月期決算は増収増益……Windows部門は苦戦 | RBB TODAY

Microsoftの4-6月期決算は増収増益……Windows部門は苦戦

エンタープライズ マイクロソフト

米マイクロソフト(Microsoft)は21日(現地時間)、第4四半期(4-6月期)の決算を発表
  • 米マイクロソフト(Microsoft)は21日(現地時間)、第4四半期(4-6月期)の決算を発表
  • マイクロソフトによる発表
 米マイクロソフト(Microsoft)は21日(現地時間)、第4四半期(4-6月期)の決算を発表した。売上は173億7,000万ドルで、前年同期比8%増。営業利益は61億7,000万ドル(同4%増)純利益は58億7,000万ドル(同30%増)、1株当たりの利益は0.69ドル(同35%増)となった。

 また2011年度通期では、売上699億4,000万ドル(同12%増)、営業利益は271億6,000万ドル(同13%増)、純利益は231億5,000万ドル(同23%増)、1株当たりの利益は2.69ドル(同28%増)。

 部門別に見ると、マイクロソフト ビジネス部門は、4-6月期の売上が前年同期比7%増、2011年度通期では前年比16%増となっている。Office 2010はMicrosoft Officeの中で最も早いペースで売れているといい、すでに1億ダウンロードを突破した。

 サーバー&ツール部門は、4-6月期の売上が前年同期比12%増、2011年度通期で11%増。Windows ServerやSystem Center、SQL Serverが売上増のけん引役となったようだ。一方Windows/Windows Live部門は、iPhoneやiPadなどのスマートフォンやタブレットの普及により苦戦しており、売上は4-6月期が前年同期比1%減、2011年度通期で前年比2%減だった。

 オンラインサービス部門の売上は、4-6月期で前年同期比17%増、2011年度通期で15%増。主に同社の検索エンジン「Bing」の検索収益によるもの。4-6月期の米国内の検索エンジンの市場シェアにおいて、Bingは14.4%を占める。

 エンターテインメント&デバイス部門は、4-6月期の売上が30%増、2011年度通期で45%増。KinectとXbox Live、Xbox 360は米国市場において過去1年間高い売上をほこっている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top