日本マイクロソフト、立体カーブ形状で手首や指への負担を軽くするキーボード | RBB TODAY

日本マイクロソフト、立体カーブ形状で手首や指への負担を軽くするキーボード

IT・デジタル 周辺機器

「Microsoft Comfort Curve Keyboard 3000(マイクロソフト コンフォート カーブ キーボード 3000)」
  • 「Microsoft Comfort Curve Keyboard 3000(マイクロソフト コンフォート カーブ キーボード 3000)」
  • 立体カーブ形状のデザインがわかる画像
 日本マイクロソフトは11日、手首や指への負担を軽減するUSB有線キーボード「Microsoft Comfort Curve Keyboard 3000(マイクロソフト コンフォート カーブ キーボード 3000)」を発表した。販売開始は29日。希望小売価格は2,499円。

 「Microsoft Comfort Curve Keyboard 3000」は、2005年に発売された「Microsoft Comfort Curve Keyboard 2000(コンフォート カーブ キーボード2000)」の後継機。「2000」も滑らかにカーブするキー配列で長時間使用でも疲れにくいデザインだったが、今回の「3000」は立体カーブ形状のエルゴノミクス デザイン「Comfort Curve(コンフォート カーブ)」を採用。タイピング中にかかる手首や指への負担をさらに軽減したという。また、外観も艶やかな質感と薄型でスタイリッシュさを意識している。

 キーは109/電卓/メディアキー、キー配列はコンフォートカーブ。キースイッチはメンブレン式、キーピッチは19mm、キーストロークは3mm±0.4mm。インターフェースはUSB。本体サイズは幅471×高さ30×奥行き158mm、重さは約598g。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top