トレンドマイクロ、Android端末向けセキュリティ「Trend Micro Mobile Security 7.0」発売 | RBB TODAY

トレンドマイクロ、Android端末向けセキュリティ「Trend Micro Mobile Security 7.0」発売

エンタープライズ セキュリティ

Android端末でのメイン画面
  • Android端末でのメイン画面
  • 管理画面(リモートにあるモバイルデバイスの検索)
  • Android端末向けの主な機能
 トレンドマイクロは7日、企業向けスマートフォン用セキュリティ対策製品「Trend Micro Mobile Security 7.0」(TMMS)を発表した。8月1日より受注を開始、8月3日より出荷を開始する。

 「Trend Micro Mobile Security 7.0」(TMMS)は、企業で利用するスマートフォンにセキュリティ対策とデバイス管理を提供するソリューション。スマートフォンを企業のセキュリティポリシーに従って集中管理でき、本バージョンでは、Windows Mobileに加えてAndroid端末に対応した。今後一年間で5億円の販売を目指す。

 TMMSはAndroid端末向けに、不正プログラムの検索や不正なWebサイトへのアクセスを防止するセキュリティ対策に加えて、盗難/紛失時の端末データの消去、位置情報(GPS)による端末の検索、カメラやBluetoothといった機能の使用制限などのデバイス管理機能を提供。また、OSやパターンファイル情報の一元管理、パターンファイルの強制アップデート(11月強化/実装予定)、端末ログの収集(11月強化/実装予定)などの集中管理機能が利用可能となっている。

 製品は、セキュリティ対策と集中管理に対応した「スタンダード」、さらにリモートロック・消去などのデバイス管理にも対応した「アドバンス」の2種をラインアップする。価格はスタンダードが3,110円(税別)、アドバンスが6,220円。新規購入時における1年間のスタンダードサポートサービス料金を含めた1アカウント(購入数が250~499アカウントの時)あたりの使用許諾料金となる。対応OSはAndroid OS 2.1以上。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top