マイクロソフト、セキュアなワイヤレスキーボード……マウス付きで実売5千円切る | RBB TODAY

マイクロソフト、セキュアなワイヤレスキーボード……マウス付きで実売5千円切る

IT・デジタル 周辺機器
「Microsoft Wireless Desktop 2000」(型番:M7J-00026)
  • 「Microsoft Wireless Desktop 2000」(型番:M7J-00026)
  • 「Microsoft Wireless Desktop 2000」のワイヤレスキーボード
  • 「Microsoft Wireless Desktop 2000」のワイヤレスマウス
  • 「Microsoft Express mouse」の新色「コーストブルー」
  • 「Microsoft Express mouse」の新色「ターフグリーン」
  • 「Microsoft Express mouse」の既存色「ハイビスカスレッド」「フリントグレー」
 日本マイクロソフトは6日、セキュアなワイヤレスキーボードとBlueTrackテクノロジー採用のワイヤレスマウスのセット「Microsoft Wireless Desktop 2000」(型番:M7J-00026)を発表した。販売開始は17日。希望小売価格は4,935円。

 「Microsoft Wireless Desktop 2000」は2.4GHz帯で操作範囲が約10mとなるワイヤレスのキーボードとマウスのセット。キーボードはセキュリティ機能「AES暗号化方式」を採用しており、付属のトランシーバーをUSBポートに挿すだけで設定が完了。キーボードからPCへの送信信号を暗号化することで、セキュリティ面の強化を図った。

 さらにキーボードの特長として、ワンプッシュで再生/停止、音量調節、ミュートなどの操作が可能なメディアコントロール キーを搭載。Windows 7の画面下に表示されるタスクバーアイコンと、キーボード上部の5つのボタンが対応しており、Windows 7ユーザーは「Taskbar Favorites」または「ユーザー設定ホットキー」のどちらかを選択して使うことができる。

 おもな仕様は、対応OSがWindows 7/Vista/XP(XPは32ビット版のみ)、Mac OS X 10.4.x~10.6.x、109キー+電卓/メディアキーを搭載し、キーピッチが19mm、キーストロークが3mm±0.4mm、バッテリが単4形乾電池×2、バッテリ持続時間の目安が約8ヵ月。本体サイズが幅480×高さ29×奥行き187mm、重さが約707g(バッテリ含む)。

 マウスは、机以外の場所でも操作可能なBlueTrackテクノロジーを採用。手のひら全体がフィットする安定感と、ラバー加工グリップにより快適な操作性を実感できるとうたう。

 おもな仕様は、対応OSがキーボードと同様、3ボタン式でチルトホイール付き、バッテリが単3形乾電池×2、バッテリ持続時間の目安が約8ヵ月。本体サイズが幅66×高さ40奥行き114mm、重さが約141g(バッテリ含む)。

 なお、今回は同時に「Microsoft Express mouse」(4月発売)の新色「コーストブルー」「ターフグリーン」の追加も発表した。販売開始は17日。希望小売価格は1,785円。BlueTrackテクノロジーを搭載した小型の有線マウスで、既存色のハイビスカスレッド/フリントグレーを含め計4色のラインナップとなる。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top