【地震】福島第一原子力発電所の状況(25日午前8時現在) | RBB TODAY

【地震】福島第一原子力発電所の状況(25日午前8時現在)

ブロードバンド その他

福島第一原発 1号機原子炉建屋1階(17日)
  • 福島第一原発 1号機原子炉建屋1階(17日)
 東京電力が25日に発表した、同日午前8時現在の福島第一原子力発電所の状況は以下の通り。

●1号機
・白煙の吐出確認できず(4月25日6:30現在)
・原子炉圧力容器へ淡水を注水中(4月25日08:00現在)

●2号機
・引き続き、白煙の吐出確認(4月25日6:30現在)
・原子炉圧力容器へ淡水を注水中(4月25日08:00現在)

●3号機
・引き続き白煙の吐出確認(4月25日6:30現在)
・原子炉圧力容器へ淡水を注水中(4月25日08:00現在)

●4号機
・コンクリートポンプ車(62m級)が淡水約165tを放水(4月24日12:25~17:07)
・白煙の吐出確認できず(4月25日6:30現在)

●使用済燃料共用プール
・4月24日6:40時点でのプール水温度は31度程度

●飛散防止剤の散布
・5号機の原子炉建屋山側の約860m2の範囲に、地面の放射性物質の飛散を防ぐ飛散防止剤を試験的に散布(4月24日11:30~13:00)

●がれきの撤去状況
・リモートコントロール重機によるがれきの撤去(コンテナ3個分)を実施(4月24日9:00~16:00)

●その他の被害
・4月23日午後4時30分頃、発電所構外(楢葉町内生コン工場)において、作業員1名がコンクリートミキサーで使用したホースの接続部の手入れ作業を行っていた際に、液体が飛散し目に入った。目に痛みを感じたことから、Jヴィレッジに搬送し産業医の診察を受けた後、受診できる眼科が近くになかったため、念のため救急車にていわき市立共立病院へ搬送。左目に軟膏等の処方を受け、眼帯をして宿舎に帰宅したが、専門医が不在であったため、4月24日に再診したところ、中等度の結膜炎で1週間程度の通院治療を要すると診断された。なお、通常業務は行えることとのことから、4月24日から普通作業(内業)に従事。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top