今年のゴールデンウィーク、後半は天気が崩れる予想 | RBB TODAY

今年のゴールデンウィーク、後半は天気が崩れる予想

ブロードバンド その他

体感グラフ(北日本、東日本)
  • 体感グラフ(北日本、東日本)
  • 体感グラフ(西日本、南西諸島)
  • 体感グラフ(被災地エリア)
 ウェザーニューズが、ゴールデンウィーク期間(4月29日~5月8日)の天気傾向を発表した。

 発表によると、今年のゴールデンウィークは全国的に2、3日おきに天気が変わる周期変化型になる見込み。晴れる日もあれば低気圧や前線の通過で雨になる日もあり、特に後半は雨風が強まる予想だ。また、寒暖の変化も大きくなることが予想され、4月末から5月の初めは南から高気圧に覆われて汗ばむ陽気になる一方、前線の通過後は一時的に寒気が流れ込み、風が冷たく感じられる気候になると予想されている。

 東北の太平洋側の被災地周辺は、ゴールデンウィーク後半は曇りや雨の日が多くなり、低気圧や前線の通過で雨風が強まる日もある見込み。寒暖の変化も大きくなる予想で、同社は体調管理に注意を呼びかけている。ウェザーニュースでは最新の天気情報が公開されている。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top