ジャストシステム、USB・データ・紙の情報漏えいを防ぐ法人向けツール「Tri-De DataProtect」発売 | RBB TODAY

ジャストシステム、USB・データ・紙の情報漏えいを防ぐ法人向けツール「Tri-De DataProtect」発売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「Tri-De DataProtect」の概要
  • 「Tri-De DataProtect」の概要
  • 製品構成
  • 「Tri-De DataProtect」ロゴ
 ジャストシステムは6日、USB・データ・紙文書からの情報漏えいを防止するのに必要なツール群をワンパッケージにし、低コストですぐに運用開始できる「Tri-De DataProtect」を発表した。6月9日より販売を開始する。

 「Tri-De DataProtect」は法人向けセキュリティ製品「Tri-De」シリーズの第2弾。一台からすぐに導入できる「基本ライセンス」と、管理者が全パソコンに統一したセキュリティ設定・運用が行える「拡張ライセンス」が用意されている。「基本ライセンス」は、価格8,000円(税別)/1ライセンスで6月9日より販売、「拡張ライセンス」は、価格6,500円(税別)/1ライセンスで、10月より販売を開始する。

 「Tri-De DataProtect」は、パソコンにインストールするだけのシンプルなツールなので、既存システムとの複雑な検証の必要なく、情報漏えいの経路である「USB」「データ」「紙文書」に対して必要な対策が講じられるツール群を一括して導入できる。年間保守料は不要で、専用サポートを受けることができる。

 USBからの情報漏えい対策として、USBデバイスへのファイル書き込み時にパスワード設定が必須となり、AES256 bitの高度な暗号化でデータを守ることができる。ドライブとして認識されるメモリカードやスマートフォンなどにも対応している。「拡張ライセンス」を利用すれば、未許可のUSBデバイスをつなぐと画面・操作をロックする機能や、USBデバイスの接続状況やファイル操作ログを確認できる機能を利用できるという。

 データからの情報漏えい対策としては、ドラッグ&ドロップするだけでファイルとフォルダーのzip圧縮・暗号化が行え、ファイルの完全消去も可能だ。加えて、ジャストシステムが長年の研究・開発で培ったNLP技術を応用した「端末内個人情報検出ツール」を搭載。ハードディスク内をスキャンし、個人情報を一定以上含むファイルを指摘して、個人情報の保有リスクを可視化するという。「拡張ライセンス」の利用により、コピー制限や画面キャプチャーの制限が行える。 

 紙文書からの情報漏えい対策としては、「拡張ライセンス」を利用することにより、プリンターでの印刷禁止の設定やデジタルデータ(PDFファイル)への変換制限が行える。

 また、「拡張ライセンス」を導入することで、管理ツールからのポリシー配信により、指定したパソコン内の「Tri-De DataProtect」の各ツールの設定を統一したり、一部機能を制限したりできるようになるとのこと。組織内のルールを徹底し、セキュリティレベルを保つことができる。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top