CSK、IPDCによるスマートハウス向け放送実験を15日から開始 | RBB TODAY

CSK、IPDCによるスマートハウス向け放送実験を15日から開始

エンタープライズ その他

実験イメージ
  • 実験イメージ
  • 概要
 CSKは7日、アイホン、アプリックスと協力しスマートハウス向けの実験を15日から開始すると発表した。

 放送波に通信プロトコルであるIPを通す「IP Data Cast(IPDC)」を用いて行うもので、動画や音声以外に制御信号や設定ファイルなどの情報を放送する。福岡タワーからスマートハウスに設置されたホームサーバに制御信号を放送し、アプリックスの「picoJBlend」(電源制御アプリケーション)を経由して家電の電源ON/OFFをコントロール。また、ホームサーバに家電製品に関するリコールアラート情報を放送することで、アイホンの「インターホン(プロトタイプ)」に家庭内にある家電のリコール対象有無を表示させ、「picoJBlend」を通じて家電のリコールランプを点灯させる。

 スマートハウス向けのホームサーバに対する制御情報配信から家庭内デバイスの制御が可能であることを証明するのが目的だが、将来的には家電メーカーとの共同研究・連携によって、情報家電ファームウェアのアップデートやエアコンの温度調整など、放送波の新しい活用方法を提言していく。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top