富士通、SaaS活用で「鳥インフルエンザ防疫対策支援システム」を構築……宮崎県で稼働開始 | RBB TODAY

富士通、SaaS活用で「鳥インフルエンザ防疫対策支援システム」を構築……宮崎県で稼働開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

鳥インフルエンザ防疫対策支援システムの概要
  • 鳥インフルエンザ防疫対策支援システムの概要
  • 「CRMate」ロゴ
 富士通は2日、宮崎県で続発する高病原性鳥インフルエンザの発生を受け、「鳥インフルエンザ防疫対策支援システム」を構築したことを公表した。

 「鳥インフルエンザ防疫対策支援システム」は、宮崎県が行っている養鶏農家情報などの一元管理や日々の死亡鶏の羽数報告・取りまとめなどを行うためのクラウドシステム。宮崎県ですでに使用されている「口蹄疫復興支援システム」と同じく、富士通の顧客情報管理・問い合わせ管理・商談管理SaaS型アプリケーションサービス「CRMate(シーアールメイト)」を活用して、短期間で構築された。2月中旬より一部が稼働しており、今後段階的な運用を開始し利用者を拡大していくとのこと。

 同システムでは、宮崎県内の全養鶏農家(100羽以上の所有)情報をデータベース化し、各農場の毎日の死亡鶏情報などの情報集約を支援する。養鶏関係者は、本システムを活用して、農場ごとの死亡鶏状況日報を県に直接報告することが可能なため、より迅速で正確な情報集約が行えるとともに、家畜保健衛生所などにおける異常鶏の早期発見などが可能な見込みだ。今後は、農場や埋却予定地などの地図情報なども同時に検索できるよう、付加情報の拡充などを行っていく予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top