富士通SSLら3社、地域金融機関向けCMSクラウド・ワンストップサービスを提供 | RBB TODAY

富士通SSLら3社、地域金融機関向けCMSクラウド・ワンストップサービスを提供

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

 富士通エフ・オー・エム(FOM)、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(SSL)、富士通東北システムズ(FJTH)の3社は共同で、「CMS(コンテンツマネジメントシステム)クラウド・ワンストップサービス」を6日より提供すると発表した。

 この本サービスは、FOMのWebサイトコンサルティング・制作サービスとSSLのWebサイト構築のノウハウを活かし、FJTHのデータセンターのクラウドサービスと組み合わせてCMSクラウドをワンストップで提供するもの。

 初期投資を抑えて高機能なCMSを活用し、利用者の高い利便性を確保するWebサイト構築と運用サービスの導入を実現。「経営戦略と連動したコンテンツ制作」「CMS『WebコアEnterprise』のノウハウを応用」「安心かつ環境に優しいプライベートクラウドサービス(FJTHのデータセンターにおける従来比:設備電力量35%削減など)」が特長という。

 初期費用は1,575,000円から、月額は262,500 円からにCMS利用ID料として1IDにつき17,850円を追加。2年間で100サービスの販売を目指す。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top