【CEATEC JAPAN 2010(Vol.16)】NTTドコモ、WPC対応の「ワイヤレス充電ケータイ」を展示 | RBB TODAY

【CEATEC JAPAN 2010(Vol.16)】NTTドコモ、WPC対応の「ワイヤレス充電ケータイ」を展示

IT・デジタル モバイル

「ワイヤレス充電ケータイ」の試作機。台にうっすらと青い光がコイルの位置で、携帯電話が置かれたことを検出して自動的に移動しているところ。「Qi」がWPCのロゴ
  • 「ワイヤレス充電ケータイ」の試作機。台にうっすらと青い光がコイルの位置で、携帯電話が置かれたことを検出して自動的に移動しているところ。「Qi」がWPCのロゴ
  • 複数の携帯電話や異なる機器の充電にも対応。先に置かれていた機器の充電が完了すると、コイルが次の機器の場所へ移動する
  • 携帯電話用バッテリーとコイルを一体化した試作品。コイルは携帯電話の電池フタ裏に実装するなど、機器側に搭載することも可能
  • ワイヤレス充電対応のFOMA充電アダプタ
 5日に幕張メッセで開幕した「CEATEC JAPAN 2010」でNTTドコモは、充電台の上に携帯電話を置くだけで充電できる技術「ワイヤレス充電ケータイ」を参考出展した。

 同社ではこれまでも電磁誘導方式による非接点充電技術を開発してきたが、従来は充電台側・携帯電話側それぞれのコイルの位置を一致させる必要があったため、機種ごとに専用の形状の充電台を用意するか、ユーザーが充電台上の特定の位置に注意深く電話機を置く必要があり、ワイヤレス充電のメリットを十分に生かせなかった。

 今回出展された新技術では、置かれた電話機の位置を充電台が検出し、コイルを電話機の直下へ自動的に移動させるため、ユーザーが位置合わせをする必要がない。これによって使い勝手が向上するだけでなく、ひとつの充電台でさまざまな形状の電話機に対応できるほか、複数機器の充電も可能となる。

 同社による商品化時期は未定だが、技術的にはワイヤレス充電の標準化団体であるWireless Power Consortium(WPC)が策定した規格に対応しているため、同団体のロゴマークがある機器であれば携帯電話以外でも音楽プレイヤーやデジタルカメラなどさまざまな機器を充電できるという。
《日高彰》

関連ニュース

特集

page top