ナナオ、高さ/回転/スウィーベル/チルトを見やすく調整可能な24.1V型液晶 | RBB TODAY

ナナオ、高さ/回転/スウィーベル/チルトを見やすく調整可能な24.1V型液晶

IT・デジタル 周辺機器

IPS(オーバードライブ回路搭載)パネル採用「SX2462W-HX」
  • IPS(オーバードライブ回路搭載)パネル採用「SX2462W-HX」
  • VA(オーバードライブ回路搭載)パネル採用「S2433W-HX」
  • TNパネル採用「S2402W-HX」
  • 高さ/回転/スウィーベル/チルトを見やすく調整可能なFlexStandのイメージ
 ナナオは、液晶ディスプレイ「EIZO FlexScan」の新製品として、画面を見やすい位置に調整できる「FlexStand」を採用し、1,920×1,200ピクセルのフルHDを超えた高解像度の24.1V型を3製品発表。8月26日から発売する。価格はオープン。

 3製品のラインアップと同社直販サイト価格は、IPS(オーバードライブ回路搭載)パネル採用「SX2462W-HX」が104,800円、VA(オーバードライブ回路搭載)パネル採用「S2433W-HX」が94,800円、TNパネル採用「S2402W-HX」が59,800円。

 FlexStandは、最大昇降225mmの高さ調整に加え、液晶部の90度縦回転や、左右各172度のスウィーベル/上30度のチルト調節が可能なスタンド。3製品は同スタンドを採用したモデルとなる。

 液晶ディスプレイとしての機能は従来品の「SX2462W」「S2433W-H」「S2402W-H」と同様。共通仕様として、解像度はフルHD超えの1,920×1,200ピクセル、本体カラーはセレーングレイ/ブラックの2色を用意、本体サイズは幅566×高さ381.5~538.5×奥行き242~256mm、重さは約10.2kg。

 SX2462W-HXは、視野角が上下/左右各178度、輝度が270cd/m2、コントラスト比が850:1、応答速度が黒白黒は13msで中間階調は5ms。広色域はAdobe RGBカバー率が98%でNTSC比が102%。インターフェースはDisplayPort/DVI-I(HDCP対応)×2/USB2.0アップストリーム/USB2.0ダウンストリーム×2。付属品は信号ケーブル(DVI-D~DVI-D、DVI-I~ミニD-sub15ピン)/USBケーブルなど。

 S2433W-HXは、視野角が上下/左右各178度、輝度が360cd/m2、コントラスト比が1,000:1、応答速度が黒白黒は16msで中間階調は6ms。広色域はAdobe RGBカバー率が96%でNTSC比が92%。インターフェースはDisplayPort/DVI-D(HDCP対応)/ミニD-sub15ピン/USB2.0アップストリーム/USB2.0ダウンストリーム×2/3.5mmステレオミニ/ヘッドホンなど。付属品は信号ケーブル(DVI-D~DVI-D、ミニD-sub15ピン~ミニD-sub15ピン)/USBケーブル/オーディオケーブルなど。

 S2402W-HXは、視野角が上下160度/左右170度、輝度が300cd/m2、コントラスト比が1,000:1、応答速度が黒白黒で5ms。インターフェースはDVI-D(HDCP対応)/ミニD-sub15ピン/3.5mmステレオミニ/ヘッドホンなど。付属品は信号ケーブル(DVI-D~DVI-D、ミニD-sub15ピン~ミニD-sub15ピン)/オーディオケーブルなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top