東芝、「レグザ(REGZA)ハイビジョンレコーダー」3機種を発表 | RBB TODAY

東芝、「レグザ(REGZA)ハイビジョンレコーダー」3機種を発表

IT・デジタル レコーダー

「RD-Z300」
  • 「RD-Z300」
  • 「RD-R200」
  • 「RD-R100」
  • 「SD-310J」
 東芝は19日、HDDレコーダーの新製品として「RD-Z300」「RD-R200」「RD-R100」を発表。9月上旬から発売を開始する。価格はオープン。今回から名称を従来の「ヴァルディア(VARDIA)」から、液晶テレビと同じ「レグザ(REGZA)」に変更。ブランドイメージの統一を図っている。

 「RD-Z300」は地上・BS・110度CSの3波対応ダブルチューナー、320GB HDDを搭載し、USB HDD録画が可能。加えてDVDにフルHD記録が行える最上位モデルで、予想実売価格は65,000円前後。「RD-R200」は3波対応シングルチューナー、1TBのHDDを搭載し、予想実売価格は60,000円前後。「RD-R100」は3波対応シングルチューナー、320GBのHDDを搭載し、予想実売価格は50,000円前後となっている。

 それぞれ、「高精細電子番組表」を備え、一覧性の高いヨコ表示の際に、1行表示と、より情報量が多い2行表示を選択可能。液晶テレビ「レグザ」との連動機能「レグザリンク」にも対応し、「レグザ」のリモコンからレコーダーの操作が可能。また、最上位の「RD-Z300」は「レグザリンク・ダビング」に対応し、対応する「レグザ」のHDDに録画した番組を本機のHDDにダビングしてからDVDに保存することができる。

 「スカパー!かんたん予約連動」機能と「CATV連動」機能を搭載し、スカパー!やCATVとの親和性を高めた。そのほか、「RD-Z300」は7倍のフルHD録画時間を可能にするTSEモードを備えている。

 「RD-Z300」の本体サイズは幅431×高さ72×奥行き342mm、重さは5.2kg。LAN/USB端子を1基ずつ備え、出力端子にはHDMIを設けた。「RD-R200」「RD-R100」の本体サイズは幅430×高さ67×奥行き253mm、重さは「RD-R200」が4.4kg、「RD-R100」が4.2kg。それぞれLAN端子を1基備え、出力端子にはHDMIを設けている。

 また、同時に幅330×高さ43×奥行き214mmのコンパクトなDVDプレーヤー「SD-310J」を発表し、9月中旬から発売開始するとした。予想実売価格は7,000円前後。
《小口》

関連ニュース

特集

page top