三菱、リモコン操作がしやすく録画再生の便利機能を備えたHDD内蔵BDレコーダー | RBB TODAY

三菱、リモコン操作がしやすく録画再生の便利機能を備えたHDD内蔵BDレコーダー

IT・デジタル レコーダー

「DVR-BZ340」(1TB)
  • 「DVR-BZ340」(1TB)
  • 「DVR-BZ240」(500GB)
  • 操作性を高めたリモコン
 三菱電機は、HDD内蔵Blu-rayディスクレコーダー「REAL ブルーレイ」の新製品として、操作しやすいリモコンを付属し、効率よく見るための再生機能を備えた「DVR-BZ340」(1TB)/「DVR-BZ240」(500GB)を発表。11月1日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は、DVR-BZ340が120,000円前後、DVR-BZ240が90,000円前後。

 両製品は、HDDを内蔵したBlu-rayディスクレコーダー。使用頻度の高い「録画予約」「再生」は、操作用ボタンに「予約する」「見る」とわかりやすい表記で大きく配置。チャンネル数字ボタンや、同社製液晶テレビ「REAL」に搭載の「オートターン」機能など、テレビの基本操作もわかりやすく配置し、操作のしやすさに配慮した。

 録画再生は「効率よく見る」ことができるさまざまな機能を搭載。「オートカットi」機能は、内蔵HDDに予約録画した番組の番組部分のみまたはCM部分のみを自動再生。番組部分のみまたはCM部分のみをBlu-ray/DVDディスクに保存することもできる。また、内蔵HDDに予約録画した番組の見どころだけを自動再生できる「見どころ再生」機能を装備。「シーン検索」機能では、内蔵HDDに予約録画した番組を場面(シーン)表示し、見たいシーンを選んで再生することも可能となっている。

 録画記録方式は、圧縮効率の高いMPEG-4 AVC/H.2641を採用。圧縮せずに記録するDRモードに比べ約8倍の長時間フルHD記録を可能とした。録画時間の目安は、DVR-BZ340の1TB HDDで約720時間、DVR-BZ240の500GB HDDでは約360時間に及ぶ。

 そのほかの特長として、「アクトビラ」に対応し、「REALINK」機能により液晶テレビREALと連携。ユーザーの録画・再生などの履歴からユーザーの傾向や好みを分析し、その傾向や好みに合わせて番組を自動録画する「おすすめ自動録画」機能を装備。ダブルの地上・BS・110度CSデジタルテレビチューナーを備えており、2番組の同時録画に対応する。

 2製品の共通仕様として、インターフェースはHDMI/D4/光デジタル音声/LAN/SDメモリーカードスロット/USBなど。「ダビング10」に対応。本体サイズや重さなどはそれぞれ未定で、順次、同社サイトの製品情報ページで公開する予定。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top