NTTドコモと大日本印刷、電子出版ビジネスで提携 ~ 今秋サービス開始 | RBB TODAY

NTTドコモと大日本印刷、電子出版ビジネスで提携 ~ 今秋サービス開始

エンタープライズ モバイルBIZ

 NTTドコモと大日本印刷(DNP)は4日、携帯端末向け電子出版ビジネスにおける業務提携に向けて基本合意したことを発表した。今秋のサービス開始を目指す。

 両社は、ドコモユーザーを核とした利用者層向け電子出版プラットホームを共同で構築し、書籍やコミック、雑誌、新聞など10万点を超える電子出版コンテンツの収集・電子化・販売を行う。ドコモの携帯電話、スマートフォン、タブレット型端末、電子書籍専用端末など、さまざまなデバイスに対応した電子書店サービスの運営を行うとともに、DNPグループであるリアル書店(丸善・ジュンク堂・文教堂)やオンライン書店(「bk1(ビーケーワン)」)と電子書店との連携も行う。

 今後は今秋のサービス開始を目指して、両社で検討を重ねるとともに、共同事業会社の設立、出版社などコンテンツホルダや、さまざまな端末メーカーなどへの協力の依頼、海外に向けた配信も想定した新たなビジネス展開実現を行う。

 DNPは、すでにパソコンや携帯電話向け電子書籍販売サイトの運営など電子出版コンテンツの配信事業を展開しており、今秋に約10万点の電子出版コンテンツを揃えた国内最大規模の電子書店をオープンする予定となっている。またオンライン書店「bk1」と連携し、紙の書籍と電子書籍を提供する“ハイブリッド型書店”の開設に向けた準備も進めている。ドコモとDNPは、ドコモが持つ情報配信システムや決済システムと、DNPが計画しているハイブリッド型書店のシステムとを連携させ、ドコモユーザーおよびDNPのリアル書店などのユーザーを核とした利用者層向けに、電子出版プラットホームを構築し、新たな電子書店を開設することを目指す。なお出版社では講談社と小学館、端末メーカーではNEC、LGエレクトロニクス、サムスン電子が賛同を表明している。
《冨岡晶》

特集

page top