現Androidユーザーが次回購入時に希望するスマートフォンOSは? | RBB TODAY

現Androidユーザーが次回購入時に希望するスマートフォンOSは?

IT・デジタル モバイル

スマートフォンユーザー全体の各OS所有率
  • スマートフォンユーザー全体の各OS所有率
  • 過去6ヵ月のスマートフォン購入者の所有OS
  • 次回購入希望のスマートフォンOS
  • 米国のスマートフォン所有率
 米ニールセン カンパニー(Nielsen Company)は2日(現地時間)、米国内におけるスマートフォンOSの利用動向調査の結果を発表した。それによると過去6ヵ月にスマートフォンを購入したユーザーで見ると、2010年第2四半期のAndroid OS搭載端末の割合が27%、iPhone OSの割合が23%となり、Android OS搭載の機種が増えるに従い、シェアが拡大している様子が伺える結果となった。

 ただし、スマートフォンユーザー全体で見ると、iPhone OSが28%、Android OSが13%となっている。1位はBlackBerry OSの33%だった。また近い将来にスマートフォンの買い替えを検討しているユーザーに、新機種として希望するOSを尋ねたところ、現iPhoneユーザーでは、89%が次回もiPhone OSを希望すると回答した。また現Androidユーザーでは、71%がAndroid OSを、21%がiPhone OSを希望しており、現iPhoneユーザーのiPhoneへのロイヤリティーの高さが伺える結果となった。また現BlackBerryユーザーは、42%がBlackBerry OSを、29%がiPhone OSを、21%がAndroid OSの購入を検討している。

 米国内の2010年第2四半期のスマートフォン所有率は全体の25%となっており、前年同期の16%から10%程の伸びとなっている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top