ソフトバンク、ソーシャルゲーム開発の米ジンガと合弁会社「ジンガジャパン」を設立 | RBB TODAY

ソフトバンク、ソーシャルゲーム開発の米ジンガと合弁会社「ジンガジャパン」を設立

 ソフトバンクと米ジンガゲームネットワーク(Zynga Game Network Inc)は29日、日本でソーシャルゲームを発展・普及させることを目指し、合弁会社「ジンガジャパン」を設立することに合意した。

エンタープライズ 企業
ジンガの代表作と言える「Mafia Wars」(画像)
  • ジンガの代表作と言える「Mafia Wars」(画像)
  • 米ジンガのサイト(画像)
 ソフトバンクと米ジンガゲームネットワーク(Zynga Game Network Inc)は29日、日本でソーシャルゲームを発展・普及させることを目指し、合弁会社「ジンガジャパン」を設立することに合意した。

 インターネット・移動体通信事業のソフトバンクと、ソーシャルゲームのジンガが手を組みサービスを提供することで、より幅広い展開を可能とする。ソフトバンクはすでにジンガに1.5億米ドル(約137億円)を出資しており、このたびの合意により、両社の協力関係はより強固となる見込みだ。合弁会社設立により、ジンガは、日本の急成長するインターネットおよびモバイル市場に、初めて進出することとなる。

 ソフトバンクの代表取締役社長の孫 正義氏は「ジンガは、ソーシャルゲーム界におけるリーディングカンパニーです。ジンガとパートナーシップを組み、彼らのゲームを日本に紹介できることを大変嬉しく思います。われわれは、ジンガとソーシャルゲームに関して同じビジョンを共有しており、両社で強力なチームを作ることを楽しみにしています」とのコメントを寄せている。

 ジンガは、「FarmVille」「Treasure Isle」「Zynga Poker」「Mafia Wars」「YoVille」「Cafe World」「FishVille」「PetVille」「FrontierVille」といったゲームを提供しており、これらのソーシャルアプリケーションはFacebookやMySpace、iPhoneでプレイ可能となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top