銀座のしゃぶしゃぶ料亭がiPadセルフオーダーシステムを導入 | RBB TODAY

銀座のしゃぶしゃぶ料亭がiPadセルフオーダーシステムを導入

 フーマトレーディングは、iPadを利用して来店客がセルフオーダーできるシステム「ITOS(アイトス)」を、銀座のしゃぶしゃぶ料亭「安曇庭」東銀座店に導入したと発表した。同システムは、飲食店向けシステム開発のファインフーズが開発したもの。

エンタープライズ その他
ITOS(アイトス)
  • ITOS(アイトス)
 フーマトレーディングは、iPadを利用して来店客がセルフオーダーできるシステム「ITOS(アイトス)」を、銀座のしゃぶしゃぶ料亭「安曇庭」東銀座店に導入したと発表した。同システムは、飲食店向けシステム開発のファインフーズが開発したもの。

 「ITOS」は、テーブルに備え付けてあるiPadで、来店者が好きなタイミングで注文をすることができるというもの。操作は、iPadのスクリーンを指でタッチし画面の指示に従い希望メニューをオーダーするだけ。注文データは、無線で厨房のキッチンプリンターに送信され、自動で注文シートが印刷されて調理の指示が出される。また、レジとしての機能も兼ねたMacBOOKにも注文データが振り分けられ、ワンステップで会計処理までが可能という。

 同社によると、現在普及しているタッチパネルと販売時点情報管理(POS)システムは、300万円以上の導入コストが必要だが、同システムは100万円からの導入が可能という。iPadの利用により、低価格での提供を実現し、中小の飲食店や均一居酒屋での人件費削減、販売機会損失の防止を支援し、デザイン性を求める高級飲食店への導入も促進するという。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top