NEC、ホテル向けの総合クラウドサービスを商品化 | RBB TODAY

NEC、ホテル向けの総合クラウドサービスを商品化

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

客室内の様子(イメージ)
  • 客室内の様子(イメージ)
  • 宿泊システム画面イメージ
 NECは23日、ホテル総合クラウドサービスを商品化したと発表した。2011年1月から提供を開始する。

 同サービスは、ホテルビジネスを支える業務システムや、デジタルサイネージ、音声サービス(PBX)などの付加価値サービスをメニュー化し、ネットワーク経由で提供する。これまでホテルが、個別に保有していた宿泊予約システム、宴会システム、顧客管理システムなど業務システムをNECの保有するデータセンター内で管理し、各ホテルへSaaS型で提供。個別のシステム構築に比べ、約30%の投資削減が可能になると試算している。

 ホテル総合クラウドサービスは、宿泊システムやなどの業務システム「NEHOPS」、デジタルサイネージサービス「PanelDirector」、ホテルのIP電話システムで構成される。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top