日本エイサー、6万円台半ばからのCore iシリーズ搭載デスクトップPC「Aspire M」を3機種 | RBB TODAY

日本エイサー、6万円台半ばからのCore iシリーズ搭載デスクトップPC「Aspire M」を3機種

IT・デジタル デスクトップPC

Aspire M5910シリーズ
  • Aspire M5910シリーズ
  • Aspire M3910シリーズ
 日本エイサーは7日、acerブランドのデスクトップPCの新製品として、「Aspire M5910」/「Aspire M3910」の2シリーズから3製品を発表。6月11日から順次発売する。価格はオープン。

 ハイスペックモデルのAspire M5910シリーズはCPUにCore i5-750(2.66GHz)を搭載した「ASM5910-N54F/G」の1機種で、予想実売価格は99,800円前後。スタンダードモデルのAspire M3910シリーズは、同Core i5-650(3.2GHz)搭載「ASM3910-N54E」と同Core i3-540(3.06GHz)搭載「ASM3910-N34D」の2機種。予想実売価格はASM3910-N54Eが79,800円前後、ASM3910-N54Eが64,800円前後。

 両シリーズともEasySwap対応のリムーバブルHDDベイを装備し、手軽にHDD容量を拡張できるデスクトップPC。4GB(最大8GB)のメモリを標準装備する。

 さらにAspire M5910シリーズは、グラフィックスとしてNVIDIAのGeForce GT320(専用メモリ1GB)を搭載しており、グラフィカルな3Dゲームなどでも臨場感のあふれる高精細な映像表現が可能。また、「NVIDIA CUDAテクノロジー」に対応し、ハイビジョン映像のトランスコーディングなども行なえる。

 3製品の共通仕様として、OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版、光学ドライブはDVDスーパーマルチ、有線LANは1,000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T。USBバスパワーの外付けスピーカー(2.5W)を搭載。付属品はUSBマウス/USBキーボードなど。

 さらにASM5910-N54F/Gは、HDDが1TB、インターフェースがHDMI/USB2.0×12/DVI-I(HDCP対応)/ミニD-sub15ピン/ヘッドホン/マイク/マルチカードリーダーなど。本体サイズは幅180×高さ386×奥行き423mm、重さは約9.65kg。本体カラーはシルバー。

 Aspire M3910シリーズはインターフェースがHDMI/USB2.0×12/ミニD-sub15ピン/ヘッドホン/マイク/マルチカードリーダーなど。本体サイズは幅180×高さ379×奥行き401.8mm、重さは約9.65kg。本体カラーはブラック。HDD容量は、ASM3910-N54Eが640GB、ASM3910-N34Dが500GB。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top