実売12,800円で8型タッチパネル液晶搭載のデジタルフォトフレーム | RBB TODAY

実売12,800円で8型タッチパネル液晶搭載のデジタルフォトフレーム

IT・デジタル その他

「framee-Touch」のホワイト
  • 「framee-Touch」のホワイト
  • ブラック
  • 背面
  • 「タテ・ヨコ自動判別機能」イメージ
  • タッチ操作のイメージ
  • リモコン操作のイメージ
 マウスコンピューターは、タッチパネル式の8型液晶デジタルフォトフレーム「framee-Touch(フレーミータッチ)」を発表。5月28日からの発売に向け、直販サイトで予約受付を開始した。直販価格は12,800円。

 同製品は、同社が4月から展開し始めた「Lyumo(リューモ)」ブランドのデジタルフォトフレーム。ブラック/ホワイトの2色の本体カラーを用意し、なめらかな曲線とシンプルなフォルムのデザインとなっている。

 解像度800×600ピクセルで、タッチパネル式の8型液晶ディスプレイを搭載。画面に表示されるメニューやアイコンに触れるだけの直感的で簡単な操作に対応。付属のリモコンで遠隔操作も行なえる。

 JPEG/BMP形式の静止画のほか、Motion-JPEG/MP1・2・4形式の動画や、MP3/WMA形式の音楽の再生に対応。ステレオスピーカーを内蔵し、BGMを流しながらのスライドショーが楽しめる。スライドショー表示は、15種類の映像効果から選択して設定可能。縦置きと横置きに応じて表示画像が自動回転する「タテ・ヨコ自動判別機能」を装備する。

 ほかに、時計やカレンダーの表示にも対応。設定時刻に合わせた「自動電源OFF/ON機能」や「アラーム機能」を備えている。

 輝度は300cd/m2、コントラスト比は250:1、視野角は上下/左右各65度。対応OSはWindows 7/Vista/XP。2GBのフラッシュメモリを内蔵するほか、SD/SDHC/MMC/MS/CFメモリカードに対応。インターフェースはminiUSB(Bタイプ)/USB(Aタイプ)。本体サイズは幅238×高さ198×奥行き39mm、重さは860g。付属品はワイヤレスリモコン/クリーニングクロスなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top