富士フイルム、3Dテレビでオリジナル3D映像が楽しめるHDプレーヤー | RBB TODAY

富士フイルム、3Dテレビでオリジナル3D映像が楽しめるHDプレーヤー

IT・デジタル 周辺機器

「HDP-L1」
  • 「HDP-L1」
  • 3Dデジタルカメラ FinePix REAL 3D W1
 富士フイルムは22日、HDプレーヤー「HDP-L1」を発表。27日から発売を開始する。価格はオープンで、予想実売価格は4,000円前後。

 同製品は、幅85×高さ15×奥行き55mm、重さ約42gのコンパクトなHD(ハイビジョン)プレーヤー。同社のデジタルカメラ「FinePixシリーズ」で撮影したHD画質の撮影データを本体のSD/SDHCカードスロットに挿入し、HD出力を可能とした。

 特長として、同社が昨年発売した3Dカメラ「FinePix REAL 3D W1」で撮影したオリジナルの静止画/動画を3Dテレビなどに3D出力可能。ただし出力先はHDMI1.3 720p入力の「サイド・バイ・サイド方式」による3Dフォーマットに対応した機種となる。接続はHDMI端子にて行なう(ケーブルは別売り)。また、USB2.0端子も設け、PCとの接続も可能だ。

 3D再生の場合、静止画は「マルチピクチャーフォーマット(.MPO)」、動画は「3D-AVI(.AVI)」に対応。そのほか、静止画はJPEG再生に対応する。再生機能では、スライドショー、縦横自動回転再生、拡大再生ズームなどを備えた。PCの対応OSはWindows 7/Vista/XP、Mac OS X10.3.9~。リモコン、ACアダプタなどが付属。
《小口》

関連ニュース

特集

page top