三菱、小型サイズのハイビジョン液晶テレビを4機種 | RBB TODAY

三菱、小型サイズのハイビジョン液晶テレビを4機種

IT・デジタル テレビ

「LCD-19ATL40」
  • 「LCD-19ATL40」
  • 「LCD-19MX40」
  • 「LCD-22MX45」
  • 「LCD-22MX40」
 三菱電機は1日、液晶テレビ「REAL」の新製品として、22V型の「LCD-22MX40」、「LCD-22MX45」、19V型の「LCD-19MX40」、「LCD-19ATL40」を発表。5月21日から発売する。価格はオープン。

 全製品ともに画面解像度はハイビジョン(1,366×768ピクセル)。地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル/地上アナログチューナーを搭載した。予想実売価格はLCD-22MX40が60,000円前後、LCD-22MX45が65,000円前後、LCD-19MX40が55,000円前後、LCD-19ATL40が60,000円前後。

 22V型のLCD-22MX45はリモコン操作によるオートターン、19V型のLCD-19ATL40はリモコン操作によるオートターンとオートチルトに対応し、ほかの2機種はオートターン/オートチルト機能には対応しない。それぞれ小型のサイズとし、2台目としての需要や寝室や書斎におけるパーソナルユース需要などを見込む。

 部屋の明るさに応じて画面の明るさを自動調整する「明るさセンサー」、無操作状態が続いた場合に自動で電源OFFする「無信号時電源OFF」など7種類の省エネ機能を装備。また、概算消費電力などが即座に確認可能な「ECOメーター」、電気代などの確認が可能な「ECOモニター」機能を搭載するなど省エネに配慮し、全機種エコポイント対象製品となる。

 LAN端子を装備し、映像配信サービスの「アクトビラ」に対応。全画面表示でハイビジョン映像が楽しめる「アクトビラ ビデオ・フル」にも対応する。そのほか、「声ハッキリ」モードの搭載により、音声の聞き取りやすさを向上するなどしている。

 共通仕様は、音声実用最大出力が3W×2。インターフェースはHDMI×2/D4/ミニD-sub15ピン/コンポジット/S映像/光デジタル音声/ヘッドホン/SDカードスロットなど。スタンドを含む本体サイズと重さは、LCD-22MX40が幅54.4×高さ41.7×奥行き25.2mm、6.5kg、LCD-22MX45が幅54.4×高さ42.9×奥行き25.9mm、6.8kg、LCD-19MX40が幅47.9×高さ37.4×奥行き25.2mm、6.5kg、LCD-19ATL40が幅47.9×高さ38.4×奥行き24.9mm、6.95kg。
《小口》

関連ニュース

特集

page top