パナソニック、BDプレーヤー内蔵の10.1型ポータブル「ビエラ」 | RBB TODAY

パナソニック、BDプレーヤー内蔵の10.1型ポータブル「ビエラ」

 パナソニックは18日、Blu-rayディスク/DVDプレーヤー搭載モデルなど地デジ液晶テレビ「ビエラ」の2製品を発表。4月23日から発売する。4月23日から発売する。

IT・デジタル テレビ
DMP-BV200のシルバー
  • DMP-BV200のシルバー
  • DMP-BV200のレッド
  • DMP-BV200の専用リモコン
  • DMP-HV100のホワイト
  • DMP-HV100のブラウン
  • DMP-HV100のオレンジ
  • DMP-HV100の専用リモコン
  • フォトフレーム機能のイメージ
 パナソニックは18日、Blu-rayディスク/DVDプレーヤー搭載モデルなど地デジ液晶テレビ「ビエラ」の2製品を発表。4月23日から発売する。4月23日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は、BD/DVDプレーヤー搭載「DMP-BV200」が90,000円前後、同非搭載「DMP-HV100」が65,000円前後。

 両製品は、「4アンテナ4チューナーダイバーシティ方式」により本体に4本のアンテナを内蔵し、アンテナケーブルを接続せずに好きな場所で地上デジタル放送を楽しめるポータブル地上デジタルテレビ。ワンセグ放送の視聴も可能で、地上デジタル/ワンセグ放送自動切り換え機能を搭載。受信感度が悪く地デジ放送を視聴できない場合には、自動でワンセグ放送に切り換わる。さらに、DMP-BV200はBD/DVDプレーヤーを搭載する。

 両製品とも液晶ディスプレイは10.1V型ワイドで解像度が1,024×600ピクセル。バッテリパックを付属しており、電源のない出先や屋外でも利用可能。フル充電時の地デジ放送連続視聴時間は、DMP-BV200が最長約3時間30分、DMP-HV100が最長約2時間45分。別売りのバッテリパック「DY-DB100」を装着した場合は最長約5時間30分となる。

 また、SDHC/SDXC対応のSDメモリーカードスロットを内蔵し、「フォトフレームモード」を搭載しており、メモリーカードに保存したハイビジョン映像や写真を楽しむことが可能。撮影日時順に動画・静止画を混在させたスライドショー再生に対応し、動画・静止画再生画面と時計、カレンダーを組み合わせるなど多彩な表示方法を選択できる。そのほかには、有線/無線のLANに対応し、インターネットに接続してYouTubeの動画ファイルを楽しめる。(無線LAN利用の際は、別売りのアダプターが必要)。また、DMP-BV200はHDMI端子を備え、大画面テレビへのBlu-ray出力を可能とした。

 おもな仕様として、DMP-BV200は、インターフェースがHDMI/USB2.0/3.5mmステレオミニ/LAN/ヘッドホンなど。本体カラーはシルバー/レッドの2色をラインアップ。本体サイズは幅262×高さ200.5×奥行き55.1mm(突起物除く)、重さは約1.838kg(付属のバッテリパック含む)。

 DMP-HV100は、インターフェースがUSB2.0/3.5mmステレオミニ/LAN/ヘッドホンなど。本体カラーはホワイト/ブラウン/オレンジの3色をラインアップ。本体サイズは幅262×高さ200.5×奥行き46mm(突起物除く)、重さは約1.333kg(付属のバッテリパック含む)。

 いずれも付属品はリモコン/リモコン用単3形乾電池/アンテナ変換ケーブルなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top