プロ向け最上級モデル、米Shure製モニターヘッドホン「SRH840」を試してみた | RBB TODAY

プロ向け最上級モデル、米Shure製モニターヘッドホン「SRH840」を試してみた

IT・デジタル その他

米Shure製モニターヘッドホン「SRH840」
  • 米Shure製モニターヘッドホン「SRH840」
  •  米Shure製モニターヘッドホン「SRH840」は、同社プロフェッショナル向けヘッドホンのラインナップにおける最上級モデルだ。
  •  米Shure製モニターヘッドホン「SRH840」は、同社プロフェッショナル向けヘッドホンのラインナップにおける最上級モデルだ。
  •  米Shure製モニターヘッドホン「SRH840」は、同社プロフェッショナル向けヘッドホンのラインナップにおける最上級モデルだ。
  •  米Shure製モニターヘッドホン「SRH840」は、同社プロフェッショナル向けヘッドホンのラインナップにおける最上級モデルだ。
  •  米Shure製モニターヘッドホン「SRH840」は、同社プロフェッショナル向けヘッドホンのラインナップにおける最上級モデルだ。
  •  米Shure製モニターヘッドホン「SRH840」は、同社プロフェッショナル向けヘッドホンのラインナップにおける最上級モデルだ。
  •  米Shure製モニターヘッドホン「SRH840」は、同社プロフェッショナル向けヘッドホンのラインナップにおける最上級モデルだ。
 米Shure製モニターヘッドホン「SRH840」は、同社プロフェッショナル向けヘッドホンのラインナップにおける最上級モデルだ。

 SRH840は、スタジオレコーディングや高品位な音楽鑑賞用途としても十分な使用に耐え得るヘッドホンだ。今回のレビューにおいて100時間ほどのエージングを行ったところ、50時間を超えたあたりから低音のこもった感じがとれてきて、100時間を超えた時点ではかなり安定した音となったように思う。

 高解像度かつ分解能に優れ、安定した定位といった特性であり、モニターヘッドホンとしての仕様を満たしている。下位モデルと比較すると音の輪郭がはっきりしており、全体的に音の厚みが感じられる作りになっている。モニターヘッドホンとして日本では標準的なソニー「MDR-CD900ST」と比較すると、全体的に華やかな印象を受ける。MDR-CD900STがモニター専用と割り切ったシンプルな音作りとすると、SRH840はモニター用途としての性能は押さえつつリスニングとしても通用するセッティングとなっているように感じた。個人的にはモニター用途として改めて考えた場合、SRH840の方が好みな印象を受けた。

 全体的にきつい印象を受ける筐体だが、装着感は悪くない。イヤーパッドが耳全体を包み込むようにフィットし、ヘッドバンドがそっと支えるという感じで圧迫感を受けにくい。本体重量は約318gとなっており、約200gのMDR-CD900STの装着感よりも安定しているように感じた。実際、遮音性は高く、音漏れも少なくなっている。本体からケーブルを外し、折り畳んで収納するためのポーチも付属している。また、左右のチャンネルがわかるカラーチップが筐体に埋め込まれており、細かな部分での配慮が行き届いている。

 プロの過酷な現場で酷使した際、消耗しやすい部分であるケーブルとイヤーパッドは取り外して交換が可能なため、ロングライフ設計となっているのがうれしい。付属のカールコードは結構長いが、片出しのケーブルなので絡まることもなくそれほど邪魔にならない。気になる場合には、別売りの「Shure ヘッドホン・ストレートケーブル」と交換するとよいだろう。プラグは、ミニピンと標準サイズのコンバーチブルで使用できるようになっている。

 実売20,000円前後の価格ながら、価格以上の満足感が得られる。作りもしっかりしていて、素材の質感も良い。解像度や分離感は、5万円クラス、10万円クラスのリスニングヘッドホンと比較しても遜色がないのではないだろうか?と思わせるクォリティだ。プロユースに最適化されたパッケージは、ハイエンドオーディオを愛する人々のリファレンス用としても最適なヘッドホンといえるのではないだろうか。

 余談だが、展示会にてクォリティに対して安価すぎないか?という質問に対し「プロ用途として高品質なのは当然で、スタジオなどで一括して導入可能なコストもまた、プロ向けとして重要な点」と即答があったことも、さすがとしかいいようがない。(iPod Style 戸津)
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top